聞き取りには理解のスピードアップも必要だ!-DMM英会話でTOEIC SW対策レッスン(13)

DMM英会話

DMM英会話スカイプレッスン16回目

オンラインのDMM英会話プラスネイティブプランでTOEIC S&Wに向けた練習をしています。

トライアルを含めると本日16回目で16人目の先生となりました。

今日は、30代半ばのアメリカ人男性の先生にお願いしました。

自己紹介ビデオを見ている時から、アメリカ人の某俳優さん(現在はサスペンスドラマでも活躍)の若い頃に似ているなぁと思っていたのですが、Skypeで話してみるとやっぱり似てました(笑)。

昨日からレッスンを録画しており、今日も先生の許可を得て録画させていただきました。

レッスン録画を見直して気付いたこと

レッスン中はクールな先生だなぁと思っていたのですが、録画を見直してみると

「いや、先生、めっちゃ気ぃ遣ってくれてるじゃん!」

 

レッスン中は聴き取れなかったり、タスクをこなすのに必死で気付いていなかったりした先生のセリフが、結構あることに気付きました。

今まで録画していなかったレッスンでも、そういうことがあったのかなぁと反省と後悔です。

 

私が的外れなことを言った時の反応が、今までの先生はわりあい

「うーんと、そう・・・だね、うん、いいよ!」

という感じであまりストレートに「間違っている」と言う方はいなかったのですが、今日の先生は、うなずかずに首を傾げて

「ん?なんだって?」

というふうに首を傾げ顔を斜め上に向ける感じだったので、レッスン中はちょっと焦ってしまったり、心の中で「やりにくっ!」と思っていたのですが、見直してみると本当に赤面です。

一番申し訳なかったのは、25分ちょうどになった時、先生が

「あいにく時間がなくなってしまったから・・・」

と言っているのに、私は何か勘違いして「レッスン終了」のサインに気付けず、話し続けてしまったことです。

ビデオで見直すと、先生の困っている様子が客観的によくわかって、本当に恥ずかしい・・・。

はあ。軽く落ち込んでいます(次からタイマーをかけようかしら)

今回のように、レッスン中はなんとなく居心地が悪いと思っていたものの、その原因は先生だけにあるのではなく、自分の理解不足のせいもあるのかもしれないと気付くと、レッスン後のレビューも、容易に★をつけて評価することなどできなくなるような気がしています(一気に弱気)。

語学学習はやっぱり、4技能すべて大事

また、自分はListeningが苦手と思っていて、先生にもそう伝えていたのですが、やはり「音をキャッチする」ということだけではなく、「理解のスピード」も問題なのだと実感しています。

「話された英語」を聞いた時に理解できないのは、理解するのが遅いからでもあるんだということです(ごく当たり前のことですが)

書かれた英語を読む時にも「話すのと同じスピードで、一発で理解する」ことができなければ、聞いた時にも即座に反応できないんですよね。

うすうす気付いてはいたんです、ええ・・・。

余力がないから、目の前のタスクでいっぱいいっぱいになってしまい、先生の言葉が入ってこないということが起こります。

ワーキングメモリに余裕がないために、動作が不安定になっている状態です。

これでは、スムーズな会話はできませんね。

リーディングでいう多読熟読のリスニング版の訓練―たくさんの英語を聞くことと、ひとつの塊を何度も聴くしかなさそう。

でも!前進はしているはず

私が英語の会話練習を意識し始めたのは2017年の11月頃。

その頃は、今よりもっとダメダメでした。

仕事で英語を使ってはいましたが、それは書き言葉の方で、英語で会話する機会はそれまでなく…。

当時、英語で会話する機会といえば、駅で迷っている観光客の方に話しかける時くらいでした。

それも大抵は、満足に道案内ができず、別れてから「あー、何て言えばよかったんだろう。あの人たちは行きたいところにちゃんとたどりつけたかしら」と悶々とするという始末です。

あの頃に比べれば、今は、少なくとも話し掛ける時の緊張は減りました。

相手の言葉に対して、頭で考えることなく、反射的に反応できることも増えました。

「千里の道も一歩から」だぞー!よしっ。

明日も頑張ります。

では!

タイトルとURLをコピーしました