円からドルへの両替は店頭表示を比較して大黒屋に決定!小額紙幣に換えられるのがポイント

旅の準備

円からドルへの両替は大黒屋に決定

2019年GWに、ニューヨークへ旅行するにあたり、両替について調べた結果、実際にどう両替したかを書いておきます。

事前にネットで調べた結果と実際が違っていたのでご報告です。

カード社会アメリカでも、現金もやはり多少は必要

アメリカはご存じの通りクレジットカード社会。

コンビニやコーヒーショップでもカード払いをする人が多く、15年以上NYCに住んでいる友人も「お財布には10ドルしか入ってないわ」なんて言っていました(本当か?^^;)。

しかしホテルに宿泊する際は、ハウスキーピングなどへのチップに、やはり現金が必要になります。

またビュッフェスタイルで朝食を食べるホテルのレストランやフードコートなど、チップの必要はなさそうな場所でも、チップを入れるための籠やジャーが置いてあり、紙幣が入れられていました。

したがってある程度は、小額紙幣($1、$5、$10、$20)で現金も持って行くと安心です。

チップについての過去記事:【ニューヨーク旅行準備】チップが悩ましい問題-相場や渡し方のコツを調べたよ

ドルとユーロは日本で両替していく方がいい(らしい)

東南アジア諸国の通貨などは現地で両替した方が、手数料やレートなどがおトクになるようですが、ドルとユーロは日本で両替して行った方が両替率等が良いそうです。

(「今日も世界のどこかでひとりっぷ」↓より)

マネパカード、マネーパートナーズは?

Webで外貨両替について調べると、「レートや手数料などを考慮すると、マネーパートナーズやマネパカードが一番おトク」というサイトが多く見つかりますが、以下のような理由で、今回は利用を見送りました。

1. マネーパートナーズ口座への入金は1万円単位
2. 旅行先でATMを利用する際に手数料がかかる。また、海外ATMの扱い(及び自分の対応能力^^;)に不安が残る。
3. マネパカードの発行が間に合わなかった・・・orz

今回の旅行では、マネーパートナーズは、FX口座を作って、両替の手続きをし、受け取り・・・という手順を踏む時間(と自分の理解速度)が十分になく断念しました。

またマネパカードの方は、多忙のためアクションが遅くなり、出発日以降にカード到着となってしまったため、残念ながら利用できず…。

ただしマネパカードの発行自体は、与信審査がないため、とても迅速でした。

HPなどには「お申込みから最短1~2週間程度で届きます」とありますが、申込み日を1日目として午前中に申込み、翌営業日午前にカード発行のお知らせメールが届き、9日目にカードが簡易書留郵便で到着。

年会費、維持費もかからず、チャージ式で使い過ぎの心配もないので、次回以降の旅行で使いたいと思っています。

マネパカード

で、結局、池袋の大黒屋にした理由-店頭のレートを比較した

新宿や池袋のチケットショップが良いとの情報がありましたが、私が見た範囲では池袋の大黒屋が一番、交換レートが良かったです(新宿のショップは、残念ながら営業時間内には覗けませんでした)。

池袋でレートが最も良いと紹介されていた他のチケットショップは、オンライン上でも「今日の為替レート」が見られ、確かに駅周辺他店より好条件だったものの、実際店舗に行ってみると、数字が違っていました。

窓口の方に尋ねると「ネットの方はアップデートされていない数字」とのことでした。

他店と比べ、それほど大きな差ではなかったものの、そこで両替しなかったのは

「今は、100ドル札しか用意できません」

と言われてしまったからです。

これは困りますね。

上述の友人も「100ドル札なんてほとんど見たことない」と言っていましたが、高額紙幣はニューヨークのお店では嫌われるようです。

その後、池袋駅周辺に複数ある大黒屋、2,3店舗を回って確認したところ、数字はすべて同じでした。

そのうちの1店舗で両替することに決め、窓口でいくらぐらいの円をドルに交換したいのかを伝え、小額紙幣を多めにしたいと希望を伝えると、窓口の方がササッと計算して、いい塩梅に割り振ってくださいました!

$1、$5、$10、$20の各紙幣を、希望の円の額面にかなり近い数字になるよう組み合わせてくださったので、とても助かりました。

さすがプロ!

外国のお金って「お金」の実感が持てるまでに時間がかかりますね。

ちなみにコインはこちら↓画像が不鮮明ですが

左から25セント(クォーター)、10セント(ダイム)、5セント(ニッケル)、1セント(ペニー)です。

1セント、5セントより10セントの方が小さいというのが、慣れるまでちょっと戸惑いました。

カード社会のアメリカですが、どうも数ドルをカードで支払うことに慣れず、結局両替したお金をほとんど遣いきって帰ってきました。

現金で支払うと、ちょっと面倒そうな顔をされたような気がしないでもないですが・・・^^;

タイトルとURLをコピーしました