TOEIC スピーキング/ライティングテスト受験の注意点―身分証明書を忘れないように!

TOEIC S&W

明日、TOEICスピーキング/ライティングテスト2度目の受験

明日2/17、TOEIC Speaking and Writing Tests(S&W)を受けに行きます。

私にとって、受験はこれが2度目です。

でも、申し込みをしたのは3度目。

数が合いませんね。

ええ、1回、受けられなかったのです。

2018年12月実施のテストにも申し込みをしたのですが、受験できませんでした。

なぜなら

 

お財布を忘れたから!

 

TOEIC受験時には身分証明書が必要です。

私はいつも免許証を使っています。

そして免許証は、お財布の中に入っています。

その日、余裕たっぷりの時間に会場近くの駅に着き、改札を出て、

「そういえば、ICカードのチャージが少なくなってたな。まだ受付まで時間もあるし、チャージしとこっかなー」

と券売機の前でお財布を出そうとしました。

 

 

が、・・・ない。えっ?!

 

 

 

えーーーっ?!うそでしょ?!

お財布忘れたよーーー!

(今どきって、お財布がなくてもICカードがあれば電車に乗れちゃうんですよね)

いくら時間に余裕をもって会場付近の駅に着いたといっても、家まで戻るほどの時間はありません。

今、戻ったら往復1時間以上かかって、間違いなく間に合わない!

慌てて娘に電話をし、寝ていた娘に起きてもらい、お財布を持ってきてもらいました。

(「起きて3分で、うちを出た」と言っておりました・・・ごめんよ、娘)

ぼーっと待っているよりは引き返した方がよさそうだったので、途中までまた電車で戻りました。

娘とすれ違いにならないように、連絡を取り合いながら戻ったのですが、そのうち、

どう考えても!

どう計算しても!

間に合わないことが分かりました。

TOEIC スピーキング/ライティングテスト、受験料は

10,260円(税込)

です。チーン。終わった…。

 

よく、「試験当日のご注意」などに

写真付きの本人確認書類をお持ちください。お持ちいただけない場合は、受験できません

等の注意書きがありますよね。

いつも私はそれを見て思ってました。

 

それ、忘れる人なんて、おらんでしょ~┐(´∇`)┌フッ

 

 

でも、いましたよ、ここに。

案外、近くに。

まじ、がっくり。

しばらくはショックで立ち上がれませんでした・・・。

 

みなさま、どうぞ試験当日の持ち物にはお気を付けくださいね(お前が言うな)

TOEICスピーキング/ライティングテスト受験上のご注意

他にも、L&Rとは違う点など、注意点を挙げてみます。

●試験時間は、スピーキング約20分、ライティング約60分ですが、試験開始時間の30分前までに受付を終えないといけないことになっています(午前の部は9:30まで、午後の部は13:30までに入場)。

●S&Wでは、顔写真を当日、試験会場で撮ります。

したがって、証明写真を撮って持って行く必要はありませんが、当日は寝癖のついた頭とかでは行かない方が良いでしょう。

就職活動などにスコアを使う予定であれば、服装にも気を付けて。

●受験票は郵送されてきません

受験申し込み後、【受験案内】というメールが来ます(試験の5日ほど前にも【試験日のお知らせ】というメールが来ます)。

注意事項も書いてあるので(「写真付き身分証明書を持ってくるように」とかね)しっかり目を通しておきましょう。

●受験開始は一斉ではなく、準備ができた人から順番に開始します。

従って会場内は、LRテストの時より騒がしくなります。

●受験は各自、仕切りのついた机に座って、備え付けのヘッドセットを装着し、パソコンのモニタを見ながら進めていきます。

自前のイヤホン等が使えるかどうかは訊いてみたことがないのでわかりません。気になる方は除菌シートなどをお持ちになるのも一案かと。

スポンサーリンク

2017年12月に初めて受けた時の印象は、L&Rに比べて1会場あたりの受験者数が少なく、ある程度、自信のある人が多いような気がしました。

TOEICのスコアと言えば、L&Rの方を指すことが多く、知名度も高いですし、またL&Rはある意味「仕方なく」受けている方も一定数いらっしゃると思います。就職・転職活動に必要だったり、会社でIPテストはやっていないけど受けるように言われたとか。

でもS&Wは現在はまだ、自発的に受けに来ている人がほとんどなのかなと思います。

なので、試験が始まってからも、結構、みなさん、アグレッシブというか声も大きかったりします。

最初の問題が朗読なので騒がしいのは当然ですが、ここで精神的に押されないようにしましょう

また、L&Rにも共通する点としては、「温度調節ができる服装で行く」ことが挙げられます。

会場の冷暖房設備はまちまちですし、冬場や夏場は特に、会場内に複数の人がいて、快適と感じる温度には個人差があります。

試験に集中するためにも、簡単に脱いだり羽織ったりできる準備をした方がいいでしょう。

受験対策の勉強法については過去記事でセクションごとに書いております。

 

TOEIC S&Wテスト対策勉強については、TOEIC S&Wスピーキング・ライティングテスト対策まとめ【試験前の勉強のしかた・高スコアを取れる答え方のコツ】でもまとめていますので、よろしかったらご覧ください。

また、公式ガイドを参照してみてください。

他の受験生の解答も収録されていますので、レベルやどの程度できればいいかなど参考になります。

後日、息子にメールで「お財布を忘れて、受けられなかった」と伝えると「サザエさん…」とひと言、返信が来ました(泣)。

DMM英会話の先生にもレッスン中「初めて受けるの?」と訊かれて、IDを忘れた話をすると、“Oh, no! Oh, my god…”と言葉を失ってしまわれて、やるせない気分になりました。「受験料がですね~、ドルに換算すると100USドルくらいなんですよ~」と笑いながら言う自分が情けないったらありゃしない。

あ、でもね、Mr. Childrenの桜井さんも、「福井で仏像を見たくてお寺に行ったんだけど、スマホのモバイルsuicaがあるからお金を持ってなくて、中に入れず、お寺の外観だけ見て帰ってきた」というような話をしてらっしゃいました。

・・・だからなんだって話ですが。

さ、今日は、しっかり持ち物準備をして、さっさと寝るとしますね。

では、みなさま良い週末をお過ごしください。

P.S.公式教材として「テストの解説と練習問題」も出ていますよ。

タイトルとURLをコピーしました