グラナダ1990年ヨーロッパひとり旅 27 Granada: Solo-travel to Europe in 1990

1990年2ー3月ヨーロッパひとり旅

※初めてご訪問くださった方へ
本稿に関するご案内をご確認ください。

グラナダ Granada

3月15日、朝早く列車を乗り換えて、グラナダに到着したのは10:14だった。

駅でいきなり、ホテルの客引きのおじさんにつかまってしまった。

おじさんは脚が不自由で、松葉杖をつきながら、1泊1600ペセタ(約2200円)のホテルを熱心に勧めてくれる。

日本語で書かれた自己紹介の紙や、警察のハンコが押された身分証明証まで次々に見せて、自分は怪しい者ではないとアピールする。

日本語はわからないらしいが、あまりに一生懸命で、私は断るのが辛くなってしまった。こちらが困惑するほど必死なので、「もうわかったよ」と言いたくなって、私はおじさんの勧めてくれるホテルに泊まることに決めた。

スポンサーリンク

グラナダでは、アルハンブラ宮殿La Alhambraを見るのが一番の目的である。

イスラム芸術の最高傑作と言われるこの宮殿は、確かに美しい。

天気がとても良かったせいもあって、私はゆっくりと宮殿内を歩き、十分にその美しさを楽しんだ1

アルハンブラ宮殿から見たグラナダの街、アルバイシン地区。2019年現在、検索しても、ほぼ変わらない画像が出てきます。

軍事要塞アルカサバ。 アルハンブラ宮殿一帯には、猫がたくさんいました。

このアーチで作られる影と、アンダルシア地方の太陽の光のコントラストが、グラナダの景色の魅力のひとつですね(もっと上手な写真だったらよかったのですが)。

アラヤネス(天人花=ミルト)の中庭。水と緑と建物の白が美しく調和しています。

どの部屋の天井でしょう、アルバムにも書いてないのでわかりません・・・。

ライオンの中庭Patio de los Leones。ここでも光と影が美しい。

とてもお天気が良くて、3月始めなのに暖かく、光が溢れていました。

「ライオンの口がイーッとなってて、ちょっと変な顔」とアルバムに書いてありました。ライオンは12体あって、口から水が出ます。

ライオンのパティオPatio de los Leones辺りから私には道連れが出来ていた。大阪から来たYくんという大学生だ。ラグビー部の主将を務めているそうで、体格がとても良い。笑い方も豪快だ。

ヘネラリーフェに入る前に、Yくんのフィルムが終わってしまって、悔しがっている。

「私が撮っておいて、後で送ろうか?」

「え?いや、そんな。悪いから・・・」

「そんなこと言ってる場合かな。せっかくここまで来たのに。遠慮しなくていいよ」

2、3枚の写真を撮り、それを送るために住所を訊く。申し訳ないと言いながらも、それほど恐縮しているようには見えなかった。

この写真ではよくわかりませんが、ライオンの中庭に面した柱廊のアルコーブ。青い染料が所々使われていて、白とのコントラストが美しかったです。もちろん繊細で精巧な細工も。

「あとでキリスト教系の人間が描き加えたのだろうといわれる天井画」とアルバムに書いてあります。

ヘネラリーフェGeneralife夏の離宮の庭園。

旅は道連れ・・・。名前も聞かなかった人もいますが、「私(左端)の後ろがYくん、真ん中がその先輩のRさん。右から2番目の彼とは帰国した時、成田でばったり会った」とアルバムに書いてあります。

特に夏の離宮ヘネラリーフェが良かった。藤の花が壁を覆って咲き誇っているところで写真を撮る。

この旅行中の写真はどれも拙いものですが、これはお気に入りの1枚です。季節的には日本の藤と比べると早いのですが、とてもきれいでした。

どこからも水のせせらぎが聞こえてくる庭園。

ヘネラリーフェから見下ろすサクロモンテの丘。

離宮から見た宮殿。手前にオレンジの実がなっています。

アルハンブラ宮殿を見終わって、坂を下りる途中でYくんとは別れ、私は土産物屋を眺めながらゆっくりと降りて行った。

手作りの陶器の可愛らしいセットがあって、ひと目で気に入ってしまったのだけど、少し高い。値切ってみたがダメだった。バルセロナのようにはいかない。

水差しのポットとぐい呑みくらいのカップが5つほどセットになっていたのだが、作ったのがその店のご主人で、「これ以上安くすることはできない」と言われた。

ならばカップだけなら、私にも買えるだろうかと思い、訊いてみる。

しかし、「これはセットになったものだから、カップだけをいくつか売ってしまうと、残りが売れなくなる」と申し訳なさそうに言われて諦めた。ホテルに戻ってからもしばらく未練が残っていた。

 

その夜は、夕食はバルBarに入って食べた。「食べた」というより、ワインを飲んでタパス(おつまみの小皿料理)を食べただけである。バルの主人が私を見て笑った。「顔が赤いよ」

飲めないんだってば。

イザベル広場の「イザベル王妃とコロンブスの像Statue of queen isabella and columbus」真っ暗で見えませんね。指も写ってるし・・・。

 

28 コルドバ へ続く)

タイトルとURLをコピーしました