ハノーヴァー・ビュルツブルク-1990年ヨーロッパひとり旅 15 Hannover and Würzburg :Solo-travel to Europe in 1990

1990年2ー3月ヨーロッパひとり旅

※初めてご訪問くださった方へ
本稿に関するご案内をご確認ください。

ハノーヴァー(ハノーファー)Hannover へ

ドイツの印象

ベルリンを後にし、ハノーヴァーを訪れ、ホテルを探す。

ドイツの人々は、一見頑固そうだけど、とても優しい。

ホテルの部屋も、きちんとしていて清潔な感じがした。

ハノーヴァーでは、天気の悪い中、ヘレンホイザー(ヘレンハウゼン)王宮庭園やエーリヒケストナー博物館を見て回った。

少しずつ、観光らしいことをする余裕が出てきていた。

スーパーにも初めて入ってみた。

レジで支払いが済んでも袋をくれないので 「ちょうだい」と言ったら、10ペニヒ1取られた。合理的だ。

料理は味がおおざっぱだなと感じた。

ザワークラウトがついてきて、「おお!これが本場の!」とちょっと感動した2

部屋で旅日記を書いていると、どこかから教会の鐘の音が聞えてきた。

 

ああ、今、私はヨーロッパにいるんだなぁ。

 

ハノーヴァー市庁舎。写真がひどすぎて、何が何だかわかりませんが・・・。

ビュルツブルク Würzburg

ハノーヴァーの次に訪れたのは、ビュルツブルクという街だった。

ここに見たいものがあったというより、ここから電車で1時間ちょっとのところにあるローテンブルク・オプ・デア・タウバー Rothenburg ob der Tauberが目当てだった。

ローテンブルクへはローカル線を乗り継いで行くので、とりあえずホテルをビュルツブルクに取ったというわけだ。

しかし、またもや私は失敗してしまった。

列車を間違えたり、同じところをぐるぐる回ったり、雪の舞う無人駅で1時間も列車を待ったりして6時間も無駄にしてしまったのである3

だぁれもいない駅で1時間ぼーっと電車を待っていました。寒いし、人影もないし、雪はちらついてくるし、泣きたくなる気分でした。

ローテンブルクを訪れることは諦めきれないので、翌日また行ってみることにして、その日はホテルに帰ったのだった。

マリエンブルク要塞から眺めたマイン川に掛かる橋とヴュルツブルクの街。

やっと観光らしいことをできるようになってきたようです。

旧マイン橋(アルノ橋)の向こうに、教会の尖塔が見えます。

16 ローテンブルク へ続く)

タイトルとURLをコピーしました