パリとヴェルサイユ宮殿1990年ヨーロッパひとり旅 30 Paris and the Palace of Versailles: Solo-travel to Europe in 1990

1990年2ー3月ヨーロッパひとり旅

※初めてご訪問くださった方へ
本稿に関するご案内をご確認ください。

パリ Paris フランス

日本を発ったのは2月21日だった。そして2月22日夜、シャルルドゴール空港に着いて1泊した後、ヨーロッパ各地を回ってきた。

約1か月後の3月20日。

パリに戻ったのは、10:30で、まずホテルを探す。

高かったり満室だったりでなかなか見つからず、やっとカルチェラタンに部屋を見つけた1

荷物を置くと、まずマルモッタン美術館Musée Marmottan Monet2へ行く。

モネの『印象・日の出』などの作品をゆっくりと鑑賞した。

ラヌラグ公園Jardin du Ranelaghのジャン・ド・ラ・フォンテーヌJean de la Fontaine像。足元にカラスとキツネがいます。

カラスがくわえているのは、イソップ物語では「肉」で、フォンテーヌ版では「チーズ」なのだそうです。「お世辞に惑わされるな」という寓話なのですが、フォンテーヌが見守っているようで可愛らしく見えます(でも結構怖い顔のようです)。

マルモッタン美術館に行く途中で見た光景です。この旅の間に撮った写真はどれも拙いものですが、これはお気に入りの写真です。他の写真と違い、もう一度訪れても決して撮り直すことができない、私にとって大切な写真です。

その後、ぶらぶらとシャイヨ宮まで歩き、エッフェル塔を見て、改めて「ここはパリだ」と実感した。

観光客が写真を撮ったり遠くを眺めている。

シャイヨー宮Palais de Chaillotから見たエッフェル塔La tour Eiffel。トロカデロ庭園Place du Trocaderoの噴水も見えます。

シャイヨー宮のエラス、トロカデロ広場あたりから、エッフェル塔をバックに。さすがにこのあたりは観光客がたくさんいました。

ノートルダム大聖堂Cathédrale Notre-Dame de Paris。セーヌ川La Seineにかかるドゥブル橋Pont au Doubleのたもとから撮ったと思われます。例によって中には入っていません・・・。次はぜひ。

ヴェルサイユ宮殿 the Palace of Versailles

翌3月21日、ヴェルサイユ宮殿を訪れた。

久しぶりに乗る電車を間違えるという失態をやらかしたものの、1日かけてゆっくり宮殿内を歩き回った。

広い。とにかく広いヴェルサイユ宮殿Château de Versailles。パリの郊外にあります。

小さすぎてよく見えませんが、ルイ14世の騎馬像が見えます。

戦争の間。ここから鏡の回廊、平和の間へと続きます。シャンデリアは撮っているのに、壁にあったはずのルイ14世のレリーフは撮ってないんです。

鏡の回廊(鏡の間)La Galerie Des Glaces。ヴェルサイユ条約が調印されたのもここだそうです。でも肝心の回廊の美しさを撮っていないなんて・・・。

アポロンの泉水Bassin d’Apollon。

庭の中に小川が流れて橋がかかっていたり、のどかな風景を見られます。

マリーアントワネットのために作られたという王妃の村里Hameau de la Reine。庭の中に村まであったということでしょうか。

愛の殿堂Temple del Amou。大理石でできているそうです。写真が傾いていますが、実物は傾いていません・・・。

大トリアノン宮殿Le Grand Trianon。宮殿の庭の中にまた宮殿があるって、スケールがすごすぎます。

庭の中に運河もあります。

気が遠くなるほどの広さでした。

宮殿の敷地内に、村や運河まであるというその広さに驚き、内装の豪華さには呆れるほどだった。

しかし、こうしたすべてが、王と呼ばれる者、あるいはあのマリーアントワネットの寂しさや孤独を現しているように思えてしまう。

ヴェルサイユ駅の近くにあった花時計。Google検索してみると市役所Mairie de Versaillesとジェネラルドゴール通りAvenue Du General De Gaulleの間にありました。

私の旅も、もうすぐ終わりだ。

明日(3月22日)は美術館を巡って、3月23日には帰りの飛行機に乗る。

やり残したことが多いような焦りと、もうすぐ帰るという安堵とを感じていた。

31 パリの美術館 へ続く)

タイトルとURLをコピーしました