本/読書

スポンサーリンク
英語教材の本

英語の数字の読み方【大きい数字は3ケタずつ区切って読む】では小数・分数はどう読む?

英語で大きな数字が出てくると、音読する際に戸惑いますね。「3桁ずつに区切って読む」法則を知れば、大きい数字が出てきても大丈夫。小数と分数の読み方も覚えてしまいましょう。
学びの本

ナチス強制収容所記録「夜と霧」が教えてくれること、そして「トランクの中の日本」の衝撃

「夜と霧」を読んだことがありますか?もしまだならぜひ読んでみてください。
英語教材の本

【英語ディスカッション】自分の意見を言う練習におすすめの本「日本人のための教養ある英会話」「英語で話す力」

TOEIC S&Wスピーキングライティングテストや英検二次試験には、自分の意見や考えを英語で言う問題があります。対策としてどんな勉強をしたらいいでしょう。まずは討論に使える表現や語彙をCD付の書籍で学び、オンライン英会話で実践練習がおすすめ。
学びの本

中田敦彦さんによる効果的なプレゼンについての本「僕たちはどう伝えるか」はブログにも通じる内容だった

オリエンタルラジオ・中田敦彦さんの本「僕たちはどう伝えるか」はプレゼン術の本ですが、ブログを書く際にも役立つ考え方がたくさん載っていました。「人に伝える」という点ではプレゼンもブログも同じ。ぜひ手に取って読んでみてください。
勇気をくれた本

良い本、見つけた!【多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。】by Jamさん

嫌なことがあって、いつまでもそのことから気持ちを切り替えられず、疲れてしまうことってありませんか?SNSや人間関係のモヤモヤについて見方を変え、心を軽くする考え方のヒント満載の本を見つけました。ハッとするような内容なのに、4コマ漫画とともに、軽く読めました!
英語教材の本

英語ライティング学習には遠田和子先生の本がおススメ!明快で分かりやすい「英語らしい英語」とは

TOEIC SWライティングテスト190/200点の私がおススメする英語ライティングの本です。「究極の英語ライティング」は、より英語らしい英文を書きたい人におススメです。簡潔に明快に的確にという遠田和子先生の英語ライティングスピリットを学べます。
写真の本

カメラを買ったばかりの写真初心者は「Canon EOS Kiss M 撮影ガイド」「はじめてのカメラとレンズ」から

Canon EOS Kiss Mを買って10日。まだ機能が覚えられません。そもそも写真用語がわからないので使用説明書だけ読んでも意味が分かりません。そんな初心者の私にやさしい本を発見!分かりやすくて嬉しい!
学びの本

「日本語の作文技術」「新しい文章力の教室」文章を書く人へおススメ

文章を書く時に参考になる本をご紹介します。本田勝一氏「日本語の作文技術」と、唐木元氏の「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」です。翻訳を学んでいる方、ブログを書いている方に一読をおススメしたい2冊です。
自己啓発

アラフィフがストレングスファインダーやってみた「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」

アラフィフが今さらですが米国ギャラップ社ストレングスファインダーテストを受けてみました。「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」は日本では2001年に発売され今もコーチングなどに利用されています。リクナビのグッドポイント診断もやってみました。
英語教材の本

「英語の発音が正しくなる本」と「世界を舞台に一目置かれる人になる英語の発音・話し方技術22」

英語の発音を練習するお手本となる本をご紹介。「英語の発音が正しくなる本」はCDとDVD付でみっちり練習できます。東海林舞さんの「世界を舞台に一目置かれる人になる英語の発音・話し方技術22」は発音だけでなくTOEIC SWにも役立ちそうです。
勇気をくれた本

【世界一周した方の本】医師・中島侑子さんとリーマントラベラー東松寛文さん「旅は新しい選択肢を教えてくれる」

旅が教えてくれることはたくさんありますが、新しい選択肢もそのひとつ。世界一周したお二人、医師中島侑子さんとリーマントラベラー東松寛文さんの本に共通して書かれていたことでもあります。「選択肢」を知ることで人生をより良くする可能性も生まれます。
絵本

「あおいふうせん」につかまって「ぼちぼちいこか」読み聞かせにおすすめの本2冊

子どもたちが小さい頃、読み聞かせしていた絵本の中から「あおいふうせん」と「ぼちぼちいこか」をご紹介します。翻訳は日本を代表する児童作家、角野栄子さんと今江祥智さん。娘のお気に入りはちょっと怖い「さんびきのやぎのがらがらどん」だったようです。
心を動かされた本

ひすいこたろうさんの本「あした死ぬかもよ?」からのスタート

書籍レビューを書いてみようと思い立ちましたが良い本はたくさんあってどれから書けばいいかわからない。直感で選んだのは、天才コピーライターひすいこたろうさんの「あした死ぬかもよ?」です。書き込みノート式バージョンもあります。
本/読書

【読書記録のススメ】本を読んだらメモでいいから記録を残しておこう

本を読んだら、小さなノートにタイトルと日付、感想をひとこと書き留めておくことをおすすめします。読書記録は、日記とはまた違った自分自身の記録にもなります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました