ニューヨーク旅行に持って行って良かったもの・要らなかったもの

New York 旅行

2019年GWは、8泊10日のニューヨーク旅行に行きました。15年ぶりの海外で、初めてのニューヨークです。

何を持って行くのか、直前までいろいろ悩みましたが、持って行ってよかったものと結局使わなかったもの、逆に「持って行けばよかったな」と思ったものを挙げてみます。

ニューヨーク旅行に持って行ってよかったもの

休足時間・バンテリン・サロンパス

ニューヨークと言えば、見どころが満載。

とにかく歩きます。

自由の女神、セントラルパーク、ミュージカル、美術館や博物館に、展望台、さらには近年人気のブルックリンに足を延ばしたりと、一日中歩き回る旅になりますね。

ちなみにスマホの万歩計によると、旅行中、一番歩いた日は26475歩!一番少ない日でも13711歩歩きました。

たくさん歩いた日の夜は、寝る前に湿布や休足時間などを貼って休み、なるべく疲れを翌日に持ち越さないようにしました。

貼ると貼らないとでは、だいぶ違いますよ。

  • ふくらはぎ
  • アキレス腱付近
  • 足の裏・甲
  • 階段を昇った日は太ももにも

などに貼るのがお勧めです。

自由の女神の王冠まで昇った後は、太腿にも貼りました^^;

サロンパスは剥がす時に痛いので、脚が毛深い男性の方にはバンテリンの方がお勧めです。

効果もバンテリンの方が強め。

ただし、一度にたくさん貼りすぎると薬効成分が多くなり過ぎて苦しくなることがあるので(以前、両手両足に10~12枚ほど?貼って寝たら、苦しくなって夜中に起きました)貼る枚数には気を付けてください。

レジ袋

街歩きの途中でゴミが出た時や、食べ残しが出た時など、レジ袋は重宝しました。小さめの物を三角だたみにして、いくつかバッグの中に入れておくと、いざという時サッと取り出せて便利です。

(ちょっと所帯じみてるけどね…)

スポンサーリンク

コンビニのナイフとフォーク

コンビニでくれるプラスチックのナイフは持っていると便利です。

アメリカンサイズは大きめなので、ベーグルやドーナツなどもひとり1個食べると大きすぎることがあります。

またいろんな味を食べてみたいときに、同行者と違うものを注文して、半分こずつ交換、なんていう時にも役立ちました。

(これも所帯じみてるけどねw)

しかしひょっとすると、プラスティックといえどナイフの機内持ち込みはNGかもしれないので、念のためスーツケースに入れてくださいね。

除菌ウェットティッシュ

上記のとおりベーグルなどをテイクアウトして公園で食べたりする際、手をふくウェットティッシュがあると気持ちよく食べられます。

ニューヨークの街角にはフードトラックもたくさんあります。

除菌ジェルでもいいのですが、食べた後に、手がべたついたりした時は、ウェットティッシュの方が快適ですね(拭いた後のゴミは、上記のレジ袋に入れます^^)。

旅行用洗濯セット

3人だったので旅行用洗濯セットは、小分けの洗剤と、ロープ2,3本に、いつも使っている洗濯バサミも追加で持って行きました。

日本のホテルだといつも朝になれば乾いているのですが、NYのホテルはさほど乾燥していないのか、朝になっても湿っぽかったりします。

洗面台で洗ったら、手で絞っただけでは足りないので、バスタオルなどに挟んで踏み、水気をできるだけ取ってから干すといいかもしれません。

日数分の服を持って行ったわけではないので、途中でコインランドリーにも行きましたが、ハンカチや下着などの小物は、洗面台でちょこっと洗えると便利ですね。

ぬれマスク

これはニューヨークにというより、飛行機に乗る際に持っていてよかったものです。

機内は乾燥するので、普通のマスクではなく、ぬれマスクをすることで、肌や喉の乾燥を防げたように思います。

アロマの香りがついたものも、リラックスできておススメです。

フライトソックス

これも機内で使った物で、持って行ってよかったものです。飛行機に乗ってすぐに履きました。

リーマントラベラー東松寛文さんもお使いのようですし、「ひとりっぷ」のひとりっPさんこと福井由美子さんも本の中で推薦されていました。

旅慣れた方々がお使いと聞いて試しに使ってみましたが、やっぱり履いてよかったと思います。

履いた瞬間から楽ちんな感じがしますよ。

ニューヨーク旅行の途中で買ったもの

トラベル・ピロー

旅行用品店で見かけた時も気になりながら、かさばりそうなので

「・・・。やめとこう」

と買いませんでした。

でも空港で荷物に付けている人が結構いるんですよね。

「買えばよかったかな」

そう思いつつ、行きの飛行機では無し。

しかしやっぱり長時間のエコノミークラスのフライトは辛くて、帰りにJFK空港で買いました。

(最初から買えばいいのに~)

アメリカで買ったので、これと全く同じものではないのですが、これと同じように首の前の部分をストラップやボタンで留められるタイプです。

荷物の持ち手に通してぶら下げるなどして持ち運べるので便利です。

移動時間にいかに楽をするか、体を休められるかも、旅行の充実度に関わります。

ニューヨーク旅行には要らなかったもの・持って行ったけど使わなかったもの

パソコン

ノートパソコンを持って行ったのに、結局、開いて作業する時間もあまり取れず、重たい思いをして持って行くほどではありませんでした(アホです)。

私の場合、ホテルなどでフリーWifiにつなげることに慣れていないため、セキュリティ面を不安に思ってしまってためらったり、かといってレンタルWifiでは容量がすぐに上限を越しそうになるのが心配でした。

旅慣れている方や、仕事でどうしても作業が必要などの場合は、問題ないのでしょう。

しかし私の場合は、ノートパソコン自体が15.5インチの大きいもので(^^;(←ふつう持ち歩かないサイズ)重いだけでした。

荷物を増やしただけ…。

出発前は、カメラで撮った写真を毎晩、パソコンにバックアップしようと思っていたのですが、毎日歩きづめで、夜にそんな作業をする余裕は、時間的にも体力的にもありませんでした…。

スポンサーリンク

持って行けばよかったもの

携帯用歯磨きセット

以前にも書きましたが、ホテルの部屋には歯磨きセットがありませんでした。

帰国後、友人に言うと

「フロントで言えばもらえるのに」

とのことでしたが、そこまで気が回らず…。

 

「なくてもスーパーで買えるだろう」

と思っていたものの、いざ買いに行ってみると、アメリカサイズはどれも大きくて、しかも

BUY 2, GET 1 FREE! (2つお買い上げで1つおまけ!)」

みたいな売り方をしているので、さらに大量になってしまうという状態で、日本で売っているような携帯用の小さなサイズが見当たらず、買うのに苦労しました。

なるべく小さいものを選んで1本買ったものの、使ってみると口の中に違和感が…。

歯磨きの成分が違うのでしょうか、唇がヒリヒリするような、口の中がネバつくような感じがして、なかなかすっきりしませんでした。

帰ってきてからも使っていますが、アメリカのはなんだかね…粘膜が剥がれます(^^;

口の中に入れるものは、日本から持って行く方が安心かもしれません。

羽織もの・巻物(4~5月のNYは天候が不安定だから)

GWの時期のニューヨークは、まだ肌寒い日もあり、逆に汗ばむ日もあるという不安定な季節でした。

天候と温度に合わせて簡単に脱ぎ着ができる羽織ものや、さっと巻けるストールがあると良かったと思います。

今回は、かなり寒い思いをした日もありました。

おまけ-折り紙

和紙模様の折り紙(千代紙的な模様で、普通の折り紙の厚さのもの)を何枚か持って行って、ホテルのルームメイドさんへのチップを、折り鶴と一緒に置いておきました。

最初のホテルではスルーされてしまいましたが^^;2軒目のホテルではメッセージのお返事があり、ちょっとほっこり嬉しかったです。

タイトルとURLをコピーしました