ニューヨークのホテル・バスアメニティ比べ!ザホテル@タイムズスクエアや1ホテルブルックリンブリッジなど

New York 旅行

ニューヨークNew Yorkのホテル バス・アメニティいろいろ

2019年の旅行で宿泊した4軒のホテルについて、主にアメニティに注目したメモです。

ギルドホール・ア・トンプソンホテルのアメニティはD.S & DURGA!

マンハッタンの金融街地区 The Financial Districtにあるギルドホール・ア・トンプソンホテルGILDHALL A THOMPSON HOTELはおしゃれなブティックホテル。

Booking.comでセールになっていた時にお得な宿泊料金で予約できてラッキーでした。



Booking.com

あまり広くはないお部屋でしたが、落ち着いた雰囲気の内装です。さすがブティックホテル。

部屋にあったのは、こちらもおしゃれなハンドメイドパフュームブランドD.S. & DURGAディーエス&ダーガ)のアメニティでした。

部屋に着くなり、これを見ただけでもう気持ちが高揚!

香りはBowmakers樹脂やマホガニー、メイプルウッド、サイプレス(糸杉)、シダー、モスなどのウッディノートです。

えっとね、どのくらい贅沢かというと、日本で販売されているリキッドソープ500mlが¥5940(税込:2019年6月10日現在)、シャワージェル250mlは¥3780(同左)、ボディローション250ml¥5400です。

バスルーム&トイレの扉はガラス張りで、カーテンを外側で引くようになっていて、友達同士とかだとちょっと気まずいかもしれません。

ロビーのインテリアも、おしゃれでシックでした。

チェスをやっている方たちもいましたよ。

自由の女神に行くフェリーが出るバッテリーパークや、ベーグルの美味しいLeo’s、ワンワールド展望台なども近く、ここに泊まっている時はロウア―マンハッタンの観光にとても便利でした。

夜遅く歩いて帰ってきても、危ない感じはあまりしません。

近くにセブンイレブンもあって、「NYのセブンて、こうなってるんだぁ!」とコンビニを見るのも楽しかったです^^。

スーパーもありましたがそちらは鮮度や品揃えなどがイマイチの印象…。

ウォールストリートのすぐそばで、オフィス街の雰囲気があり、観光地っぽいガチャガチャした騒がしさや派手さがあまりありません。

スタッフの方々も皆さん感じが良く、素敵なホテルでした!

下↓の画像をクリックするとBooking.comのギルドホール・ア・トンプソンホテル予約ページに飛びます。


ザ・ホテル@タイムズスクエアのシャンプー類は詰替え式

ミッドタウンの非常に交通の便がいい場所にあったザ・ホテル@タイムズスクエアTHE HOTEL @TIMES SQUAREは、ホテルの中も外も、いつも人がいっぱいで賑やかな雰囲気。

でも部屋にまでは響いてこなかったので、うるさいと思うこともありませんでした。

ここもBooking.comで予約。

予約した時からメールでメッセージをくれて、こちらからの質問にもすぐ返事をくれたので安心感があり、旅行に対するワクワク感も高まりました(実は今回の旅行では、1軒、予約後に再三、質問メールをしたものの返事をくれないホテルがあり、そこはキャンセルして、他のホテルを予約しました)

ベッドがギルドホールより大きめなのは嬉しかったのですが、建物自体は古い印象でした。

窓の外が暗くて汚れた非常階段だったのも、ちょっとがっかりポイントでしたね。

ボディソープ、シャンプー、ハンドソープ、ハンド&ボディローションは環境に配慮し、詰替え式ポンプに入っていました。

キャンディやガムのような、とってもスイート&ジューシーな香りで、アメリカのティーンエイジャーという感じ(?)。

シャンプーが「オールインワンタイプ」だったので、髪がちょっとパサついてしまい、二晩目以降は日本から持参したサンプルパウチのシャンプーを使いました(念のために持って行って良かった^^)

ソープ類以外もエコの精神で、なるべく洗濯物を減らすため、タオルやシーツは基本、毎日は取り替えず、

シーツやタオルの交換を希望する場合だけ、プレートを置いたり、床に落としておいてね(意訳)」

というメッセージがありました。

ザ・ホテル@タイムズスクエアはとにかく立地が便利!

遅くまで遊んでいても帰り道の心配をしなくて良さそうでした。

(私たちはそれほど夜遅くなることはありませんでしたが)

下の画像をクリックすると、Booking.comのザホテルアットタイムズスクエアの予約画面に飛びます。


5つ星ワンホテル・ブルックリンブリッジも詰替え式

他の記事でレポした、超お気に入り!!の1(ワン)ホテルブルックリンブリッジも、エココンシャスなホテルなので、ソープ類は詰替え式です。

こちらはシダー(杉)とベチバーの落ち着いたウッディグリーン系の香り。

そして1ホテルでも、

タオルは続けて使って、環境保護運動の仲間になろう(意訳)」

というメッセージが書いてありました。

シャワーキャップと綿棒が、それぞれ紙の小さな袋に入って、クリップで鏡に留められていたのもおしゃれでした。

袋に工夫次第でいろいろな使い道が書いてあって面白いです。

例えば綿棒の用途は、ストローダーツ、ジオラマの木、キーボードクリーナーなど、シャワーキャップにはカメラカバー、スナックボウル、靴バッグ等、書いてあります。

1ホテルはルームキーも木でできていました。徹底していますね。(どういう仕組みになっているのかは不明…)

「話題のニューヨーク・ブルックリン!1ホテルブルックリンブリッジで5つ星ホテル体験!予約方法も解説」と繰り返しになりますが、ぜひもう一度利用したい素晴らしいホテルです。

窓からの眺め。ロウアーマンハッタン方向です。ワンワールド展望台も見えますね。

ここはホテル公式HPから予約しましたが、Booking.comでも予約できますよ。

下の画像をクリックすると、予約ページに飛びます(おお!私が撮った画像↑とアングルがほぼ同じだ!感激)


ヒルトン・ニューヨークJFKエアポートのソープ類はクラブツリー&イブリン♪

最終夜は、翌朝のフライトが早かったので、クイーンズ地区・JFK空港そばのヒルトンニューヨークJFKエアポート(←リンクが開くまでに時間がかかります)に宿泊しました。

このホテルも【Booking.com】で予約。

ヒルトン・ニューヨークJFKエアポートは日本のシティホテルとほとんど変わらない設備と雰囲気でした。

朝食ビュッフェのメニューも、ホテルの廊下や部屋の雰囲気なども、特に驚きもない代わりに失望もない、安心して快適に滞在できるホテルでした。

でも!

アメニティはクラブツリー&イブリン!嬉しい。

これ、日本では手に入らないんですよね。

香りマニアの私は、これを見ただけで気分が高揚!(再び)

バーベナとラベンダーの癒し系です。

実は前述の「メールに返事がなかったホテルをキャンセルして、他のホテルを予約した」の「他」がここだったのです。ここにしてよかった^^

バスルームに椅子があるのは珍しいですね。年配の方などに対する配慮が感じられます。

ところでみなさん、シャワーカーテンの使い方ってご存知です?よね。

1枚仕立てのカーテンの場合、水が外に流れないよう、バスタブに入れてシャワーを浴びます。

ここは2枚仕立てだったので、1枚はバスタブに、もう1枚は外に垂らして使用。

ちなみにバスタブにお湯をためてつかるということは、アメリカではあまりないのか、バスタブが浅いことが多かったです。

ザ・ホテル@タイムズスクエアや1ホテル・ブルックリンブリッジと違って、ヒルトン・ニューヨークJFKエアポートはエコにも特にこだわっている様子はなく、そんなところも日本のホテルに似ているなと感じました。

フライト情報の電光掲示板があるところなどは、空港の近く!という感じですね。

フロント横のロビーは深夜でもこんなに明るいんです。

下の画像をクリックすると、Booking.comの予約ページに飛びます。



NYのホテルってボディローション完備?

以前、Twitterで「NYのホテルには歯磨きセットがない!」ツイートしたのですが、逆にどのホテルにもあったのがハンド/ボディローション

その割に部屋はそれほど乾燥していなくて、少し「?」でした。

アメリカの皆さんは、歯の美しさにこだわりがあるから、歯磨きはマイ歯磨きを使いたいの?

この辺りについて、何かご存じの方は教えてください^^



Booking.com

番外編:高級レストランリバーカフェ(The River Cafe)のトイレにはペンハリガンのリキッドソープ+ハンド&ボディローション

1ホテル・ブルックリンブリッジの隣にある、こちらも人気の高級レストラン、ザ・リバーカフェThe River Cafeで食事をしました。

ドレスコードがあるので少し緊張していきましたが、とても素敵なレストランでした。

(行く前に、NY在住の友人にこのレストランを予約していると話すと

「The River Cafeに行くんだ?いいね!私たちはまだ行ったことないけど、良いって評判よ」

とのこと。そしてドレスコードについては

「そんなにかしこまった格好をしなくても大丈夫」

と言われましたが、私はキレイめワンピースに、ヒールパンプスとクラッチバッグで行きました。

いつもより背筋が伸びるようなおしゃれをして行くのもワクワクします)

お食事だけでなく、トイレまでもハイスタンダードでしたよ。

ペンハリガンのソープとローションが置いてあったのには本当に驚き!

※ペンハリガンPenhaligon’sは創業1870年の老舗英国フレグランスメゾン。英国王室御用達の香りも多数ある正統派のブランドです。

リキッドソープがシトラス・ウッディのブレナムブーケBlenheim Bouquet、ローションの方はシプレ・シトラス系のクァーカスQUERCUSと、女性用トイレでもメンズ寄りの香りです。

この2つの香りのオードトワレなどは、伊勢丹新宿店メンズ館などでお取り扱いがあります。(価格は2019年11月10日現在です)

【送料無料】<ペンハリガン/PENHALIGON’S> 【送料無料】ブレナム ブーケ オードトワレ 【三越・伊勢丹/公式】

ちなみにブレナムブーケのシャワージェルは300ml¥5940です。

【送料無料】<ペンハリガン/Penhaligon’s> クァーカス オーデコロン 【三越・伊勢丹/公式】も50mlで15950円、100mlは22550円。

ブレナムブーケはチャーチル首相が愛用していたと言われる、シトラスウッディのダンディな香り。

クァーカスの方は、フレッシュな柑橘が印象的で、より軽やかなのでユニセックスで使えます。

ブレナムブーケの方は、<ペンハリガン/Penhaligon’s> ブレナム ブーケ アフターシェーブ 【三越・伊勢丹/公式】などもオンラインストアで買えますよ。

ザ・リバーカフェのトイレには、コーナーに生花のブーケや布製のタオルが置かれていて、何から何までラグジュリアスなレストランでした。

ここもまたぜひ行きたい!

1ホテルに泊まってリバーカフェでお食事は、カップルや記念日の皆さんに超おすすめです!

ちょっとおしゃれして、マンハッタンの夜景を見ながら美味しいディナー…。

きっと忘れられない夜になりますよ。

タイトルとURLをコピーしました