雪の結晶をレース編みで作ってクリスマスツリーに飾ろう♪手作りのオーナメントでもっと楽しく自分好みに!

ハンドメイド・手作り

レース糸とかぎ針編みで作る雪の結晶のオーナメント

子供のころから手芸が好きで、小学生の時は「手芸クラブ」に入って、何かと作っていました。

なかでも、刺繍、裁縫、そしてかぎ針編みと棒針編みの編み物が大好きです。

(編み物をする単調でリズミカルな動きは、リラックス効果もあるそうですよ)

今日は、レース編みでできる雪の結晶のオーナメントを作るヒントをご紹介します。

手作りのオーナメントなら、クリスマスツリーのテーマカラーに合わせて作ったり、大きさを変えたりできるので、飾るのも一層楽しくなりそうですね!

数年前、たくさん作って友人たちにプレゼントしたら、大好評でした。それ以来、毎年飾ってくれているそうです。

参考にしたのはこちらの本。

雪の結晶モチーフ100 ケイトリン・セイニオ

この本のおすすめポイントは…。

  • 初心者さんから上級者さんまで、レース編みで雪の結晶が編める! 
  • 実物大の写真付
  • オーナメントに仕立てるやり方も掲載
  • 自分流アレンジをする方法も紹介

「編み方の基礎」のページもあるので、初心者さんから上級者さんまで幅広く楽しめると思います。

出来上がりの大きさは、一番小さいものは長径44㎜、一番大きいものは長径105mmになります。掲載されているのは実物大の写真で、欧米のサイズ10の糸を、欧米の1.9ミリの針(日本では0号程度のレース針)で編んだものだそうです。

モチーフの長径は60~78㎜くらいのものが多く掲載されていて、使う糸も1モチーフあたり5m以下から12mくらいまでとなっています。

下でご紹介しているオリムパスレース糸エミーグランデ(ラメ)は、レース針0号~かぎ針2/0号となっているので、だいたい同じ糸の量で編めると思います。1玉が約106mですので、1玉買えば8~10個くらいはモチーフができそうです。

(雪の結晶モチーフの編み方はWeb上でも、編み図がたくさん検索できますので、本や材料を買いそろえる前に、それらを参考にしてみるのもいいですね。)

雪の結晶が編めたら、今度はそれをオーナメントにするための方法(19ページ)も、載っています。

  1. 形を整える
  2. 糊付け
  3. スティッフニング(=stiffening=形の固定)
  4. 乾燥させる

雪の結晶は、同じ形がふたつとないと言われていますが、この本に載っている100のパターンも眺めているだけで楽しくなります。

また、掲載のデザインを編むのに慣れたら、オリジナルの図案を考えるヒント(13ページ)も載っていますので、オリジナル作品にも挑戦してみましょう。

【ご参考に】私がオリムパスエミーグランデで作ったレース編みの雪の結晶はこんな感じです

そうして編んだものがこちら↓(写真が下手で、見づらくなっており、すみません。)

洗濯ばさみも写っちゃってますが・・・。

うーん。しょぼい。ツリーがとてもしょぼいです…。1個のモチーフが6~8cmくらいになるデザインが多いので、大きなツリーに映えますよ。

糊付けすることで、吊るしても型崩れせず、結晶らしく見えます。

背景を暗い色にするべきでした><;

ミックスの糸で編むとまた違った雰囲気♪

基本の編み方をマスターしたら、自分で好きなようにアレンジできます。

使った糸は主にオリムパスのレース糸エミーグランデです。

シンプルな真っ白(色番801)や生成り色(色番804)ももちろん素敵ですが、

ラメ(ホログラム)入り、ビジュー(金のラメ)入りのこちら↓もクリスマスにはおすすめです。

グリーン、ブルー、パープルが混じった色のモチーフはエミーグランデ ミックスM3の糸、パープルと白のモチーフはエミーグランデ かすりの61番の糸を使いました。ちょっと雪っぽくないのですが、ひとつひとつの表情が変わって面白い出来上がりになります。

飾りたいツリーのテーマカラーに合わせて編んでみるのも楽しいと思います。

つるすためのテグスは、100均で売っているものでOKです。

手作りのものを、オーナメントに加えると、また楽しさもひとしおですね。

みなさま、どうか、素敵なホリデーシーズンをお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました