ニューヨークのおすすめ!フードコートでも満足度100%のロブスターロールが食べられるLuke’s!

New York 旅行

マンハッタンでぷりぷりロブスター・ロールにかぶりつく♪Luke’s Lobster Roll

タイムズスクエアにあるシティキッチンCity Kitchenは、少し小さめのフードコートです。

ローカルの人達にも人気のお店が出店していて、賑わっています。

CITY KITCHEN at ROW NYC
700 8th Avenue at
44th Street
New York, NY 10036

CITY KITCHENの営業時間
日~水:6:30am – 9pm
木~土:6:30am – 11:30pm

LUKE’S LOBSTERの営業時間
日~水:11:00am – 9pm
木~土:11:00am – 11:30pm

1階はお土産物屋さんになっていて、シティキッチンへは階段を昇って、2階に行きます。

ドアを開けるとこんなメッセージが。

まず目に飛び込んできたのは、DOUGHというドーナツ屋さんのドーナツ。

グレーズがかかったドーナツたち。「チーズケーキ」に赤いグレーズが掛かっているのはチェリーでしょうかストロベリーでしょうか…。

心惹かれますが、お目当てはロブスターなので、誘惑を振り切って通り過ぎます。

美味しそうなお店が並ぶ中…。

ありました!Luke’s!

ちなみに隣の「KURO-OBI」はラーメン屋さんです。

Luke’sの向かいには「Azuki」という名前のお寿司屋さん(小豆でお寿司…。それを言うなら、黒帯のラーメンも「?」ですが^^;)もありました。

このフードコートには7店舗くらい入っていましたが、そのうち2つが日本語の名前で日本食って…。

頑張ってますね~。

どのお店にも、観光客らしい人たち、ビジネスマン風の人、たくさん並んでいました。

私が行った時、カウンターの中にはお姉さんが2人。1人が注文を聞いて、1人は黙々と作っています。

ロブスターロール$17.00とクラムチャウダー$7.00を注文しました(税金を入れると、これだけで$26.13=約2970円。高いっちゃ高いですね^^;)。

支払いの時

「名前は?」

と唐突に聞かれて、ちょっと慌てました。

「出来上がったら呼ぶから」

(あ、そ、そうなのか・・・)

待っている間、作るのを見ていると、お姉さん、ロブスターの袋を取り出し、惜しげもなくグイグイ乗せていきます。

(え?!ロブスター、そんなに挟むの?え?!!こぼれるよ!)

最後にぶしゅーっと謎の液体(ソース?ドレッシング?)をかけて、出来上がったのが、こちら。

ロブスター、若干こぼれてますね。

あのね、キャベツとかピクルスとか、入ってないの。具はほぼロブスターだけ。

ジューシーでぷりぷり!旨味たっぷりです。

箱から持ち上げて、ロブスターをこぼさないように食べるのは至難ですね。

ロブスターの他に、カニやエビもありましたよ。

スポンサーリンク

クラムチャウダーはこっくり濃厚で、こちらも旨味たっぷり。後のせ用の袋入りクラッカーが付いてきました。

Ginger brewというソーダも買ってみましたよ。ルートビアってやつですかね。

ショウガが効いたスパイシーな炭酸でした。

このGinger brew、買った時に王冠が付いたまま渡されたので、栓抜きを探してフードコート内をふらふら・・・。

テーブルを拭いたりゴミを片付けたりする係の人に

「栓抜きはどこにありますか?」

と聞くと

「手で開けられるよ!」

(え?!怪力なの?)

そうではなく、普通に捻れば開きました。そうなのかぁ。

ロブスターロール、なかなかのお値段でしたが、あれだけたくさんロブスターが乗っているなら、仕方なしですね。

タイムズスクエアにあるから、他の場所を観光する合間に立ち寄るのも便利です。

お客さんがたくさん来る割には、フードコート内にテーブルなどがちょっと少なめ。その点は若干、不便かもしれません。

ルークス・ロブスターは日本にも10店舗展開中!(2019年6月現在)

この記事を書くために調べていて、Luke’sは2015年から日本にも店舗があることを知りました。

東京だけでも、表参道、銀座、渋谷、新宿に計5店舗。

日本のメニューのお値段だけ見たら「高っ!」と思ってしまいますが、実際はニューヨークよりちょっと安いんですね。

  • ロブスターロール(US)1580円+税
  • ロブスターロール(レギュラーサイズ)980円+税
  • クラムチャウダー880円+税

普段はあまり甲殻類は食べないのですが、満足の美味しさでした!

お役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました