Leo’sベーグルのローストビーフが肉感たっぷりで最高だった話inニューヨーク・ロウアーマンハッタン

New York 旅行

NYではベーグル食べたいよね!Leo’s BagelsへLet’s Go!

近年、日本でも人気で、おしゃれなカフェだけでなく、いまやコンビニなどでも買えるようになったベーグル。

もっちりしたリング状のパンで、東ヨーロッパのユダヤ人から広がったと言われています。

日本のものに比べると、ニューヨークのベーグルは、どっしりと重く、歯ごたえあり

あちこちで売っていて、ホテルの朝食ビュッフェにも必ずあるほどの定番です。

「ニューヨークに行ったらベーグルは食べるよね!」

というのは決まっても、食事のチャンスは1日3回(ですよね?)

行きたい店、食べたいものがありすぎる旅行中、限られた食事回数で、どこで何を食べるか迷いますね。

私たちは、ベーグルのお店は、迷った末、ロウアーマンハッタンのLeo’s Bagels(レオズ・ベーグルズ)へ行くことに決定しました(ウォールストリートのそばにあります)。

そしてこれが大正解!

とっても美味しかったので、自信を持っておすすめします^^。

Leo’s Bagels

住所:3 Hanover Square, New York

TEL:+1 212-785-4700

営業時間:月~金 朝6時~夜6時、土日 朝7時~夜5時

地下鉄最寄り駅:2・3線 Wall St.駅(徒歩2分)

自由の女神のツアー(スタチュークルーズツアー)のフェリーに乗る前、土曜日の朝9時前にお店に着いてみると、すでに行列が。

お店の中が狭いこともあり、外まで人が並んでいました(ちなみにイートインスペースは、カウンター席が5人分くらいあるだけです。かなり狭く、注文する人の列とも近いので、ゆっくり食べられない感じ)。

ところでアメリカの飲食店は、保健衛生局の検査を受けて、入り口に衛生度のグレードを示す札を出すことになっています。

A、B、C、Pendingの4ランクがあり、こちらLeo’sは最高グレードの「A」

安心ですね。

さて中に入ってもまだ列は続いていますが、お店の中を見回しながら、楽しみに待ちます。

なぜか葉巻(?)をくわえた魚がぶら下がっていました。

この日は、まだニューヨークに着いた翌朝だったので、見るものがすべて珍しく、興味津々。

以前、Twitterでもつぶやいたのですが、NYでは、果物のジュースはたくさんあるのに、野菜ジュースはほとんど見当たりませんでした。

伊藤園の「お~い、お茶」はよく見かけましたよ。

Leo’sにあったのは「濃い茶」(下段の真ん中右寄り)

ベーグルと緑茶…。

合わなくはないですね(?)。

カウンターの向こう、右側に、いろいろな種類のベーグル(プレーン、黒ゴマ、白ゴマ、全粒粉、ガーリックetc)が見えます。

メニューを見るだけでもワクワク。

どれにしようかなぁ~。

注文は、Subway方式。

カウンターの向こうに「作る人」が何人かいて、そのうちのひとりが、順番にひとりずつ、お客さんの注文するメニューを聞いてくれます。

注文の際には、ベーグルの種類も指定

私はお店の人のお勧めで黒ゴマのベーグルでThe Catskills=ローストビーフ(またはターキー)とミュンスターチーズ、コールスロー、ロシアンドレッシング($10.25+税)にしました。

連れはOrchard Street=ノバスコシア(カナダ)サーモン&セーブル、プレーンクリームチーズ、トマト、バミューダオニオン(紫玉ねぎ)です($15.95+税)。

買ったど~!

トロピカーナ($2.75)もね。

なぜかジュースのレシートには税金が書いてないなぁ。内税なのかなぁ。

並んでから買うまでの時間は、だいたい20分くらいでした。

私たちがお店を出た後も、列は相変わらず長かったです。

バッテリーパークのベンチに座って食べました。

左がローストビーフ、右がサーモンです。

ローストビーフの肉感がたっぷりで、めちゃウマでした!

感動!

ベーグルももっちりずっしり、旨味ぎっしり。

柔らかいお肉がたっぷり入っていて、チーズとの相性もバッチリです!

「美味しい♪美味しい♪」

と言いながら頂きました。

これは行列できるわけだわ!

連れと半分ずつ交換して、サーモンも食べましたが、私はローストビーフ推しです!(断言)

ああ、また食べたいなぁ。

いつ食べられるかなぁ。

ニューヨークに行かれたら、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました