データdataって複数形って知ってた?【複数形が「+s/+es」ではない名詞】と【常に複数形で使われる名詞】のまとめ

語学学習

複数形が「+s/+es」とならない名詞と常に複数形で使われる名詞のまとめ

“Phenomenon”の複数形は”phenomena”

先日、NHKの実践ビジネス英語を聴いていると、

“phenomenon”

という単語が出てきました。

「『現象』という意味で、もともとギリシャ語なので、複数形は“phenomenons”ではなく”phenomena”となる」

という解説でした。

そこで思い出したのが“data”という単語です。

“data”はラテン語から来た言葉で、“datum”の複数形ですね。私はメディカル翻訳を始めてからこのことを知りました(遅っ!)

数字などの「データ」は複数あってこそ機能する場合が多いので、ほぼ常に”data”と複数形で使うからでしょうか。

今日は、複数形の形が単純な”+s/+es”ではない名詞や常に複数形で使われる単語など、名詞の複数形について見てみます。

複数形の形が”+s/+es”ではない名詞

ラテン語やギリシャ語に由来する単語は”+s/+es”ではない場合が多いようです。

ただし“+s/+es”を付ける形が共存している単語も多くなっています。

例(単数形→複数形)

  • stimulus(刺激)→ stimuli
  • focus(焦点)→ fociまたはfocuses
  • almunus([男子]卒業生)→ almuni ※女子卒業生はalmnaで複数形almunae
  • datum(データ、資料、上方)→ data
  • curriculum(カリキュラム、履修課程、教育課程)→ curriculaまたはcurriculums
  • index(指標)→ indicesまたはindexes
  • axis(軸)→ axes
  • criterion(基準)→ criteria
  • crisis(危機)→ crises
  • plateau(高原)→ plateauxまたはplateaus
  • vita(経歴)→ vitae

イギリス英語では履歴書のことをCV(=curriculum vitae)と呼び、アメリカ英語ではresume(résumé)と呼ぶことが多いようです。

DMM英会話のレッスンで、ルーマニア在住のアメリカ人の先生にCVとresumeについて質問してみました。

「仕事に応募する際は、resumeとCV、どちらを使うことが多いですか?」

「アメリカでは普通、resumeを使うけど、ヨーロッパの方ではCVを提出するようにと言われることが多いね。僕の個人的な経験では」

resume:brief summary of skills/experience (1-2 pages)
個人情報等は載せず、応募する職種についてアピールできる職歴を書くなど比較的短いCV:more detailed and longer (more than 2 pages)
全経歴をカバーする詳しい内容で長くなることが多い

とはいえ、私が実際に日本の会社で提出するように言われたのは「CV」と呼ばれていて、いずれも簡略な物でした。CVとresumeを厳密に区別せずに使用する場合もあるようです。

常に複数形で使われる名詞

次に、(ほぼ)常に複数形で使われる名詞を見てみましょう。

基本的に、「2つで1つのもの」「ペアで使われるもの」「2つの部分から成るもの」は複数形になります。

  • scissors(はさみ)
  • glasses(メガネ)
  • jeans(ジーンズ)
  • shorts(ショーツ)
  • tights(タイツ)
  • shoes(靴)
  • slippers(スリッパ)
  • pajamas(パジャマ)
  • tweezers(ピンセット)
  • tongs(トング)
  • headphones(ヘッドホン)
  • binoculars(双眼鏡)
  • goggles(ゴーグル)
  • earings(イヤリング)
  • gloves(手袋)
  • boots(ブーツ)
  • pants(パンツ)
  • trousers(ズボン)

ちなみに、pantsはイギリス英語では下着を指しunderpantsとも言われるそうです。アメリカ英語でpantsはズボンを指し、イギリス英語でズボンのことはtrousersを使うとのこと。

またbootsはブーツを指しますが、イギリス英語では自動車のトランクのこともbootsと言います。

この辺りのイギリス英語とアメリカ英語の違いはややこしいですね^^;

一組であることを示す場合には、“a pair of ~”などの形で使われます。

  • 例:a pair of scissors、a pair of glassesなど

なお、靴や手袋などは片方だけを指す場合は単数形です。

学問の名称も常に複数形で、動詞は単数で受けます。

  • physics(物理学)
  • mathematics またはmaths(数学)
  • economics(経済学)
  • electronics(電子工学)
  • dynamics(力学)
  • linguistics(言語学)
  • statistics(統計学)
  • ethics(倫理)
  • aesthetics(美学)

この他、常に複数形の単語には以下のようなものがあります。

  • clothes(衣服)
  • surroundings(周囲)
  • outskirts(郊外)
  • belongings(持ち物、身の回り品)
  • premises(構内)
  • goods(商品、品)
  • aerobics(エアロビクス)
  • likes and dislikes(好き嫌い)

「ありがとう!」のThank you!を軽く言う時も”s”を付けて、Thanks!と言いますね。「たくさん感謝の気持ちがある」というイメージ。

同様に「たくさんのお祝いの気持ち」を込めて「おめでとう!」という時も必ず複数形にして下さいね。

Congratulations!

参考図書

本稿はインターネット検索等の他、以下の文法書を参考にしました。

タイトルとURLをコピーしました