パワーストーンのエネルギーチャージと浄化9つの方法【天然石のパワーメンテナンスはどうする?】

パワーストーン・天然石

天然石・パワーストーンの浄化方法9つ

そのパワーストーン、浄化はどうしてる?

パワーストーンを身につけている人を見かけると、どんな願いを込めているのかなとふと思います。そして、みなさん、浄化はしているのかなと。

天然石のパワーやエネルギ―を信じない人もいるでしょうが、私は身につけているとただ安心するので、外出の際には必ず着けて出かけます。腕時計を忘れても「やっちまったな」くらいですが、ブレスレットを忘れると「どうしよう。取りに戻ろうか」と思うほど。

そして身につけたパワーストーンは帰宅後、必ず「浄化」します。

外出中に私を守ってくれた石たちを休ませ、外で吸収したかもしれない負のエネルギーを放出する時間です。

まあ、気持ちの問題なのですが(笑)。

 

今回は代表的な浄化方法を9つ、まとめました。

※お断りしておきますが、私は特に霊感等があるわけではありません。ただの石好きで、たくさん集め、29冊の本を買い、図書館でも何冊も借りて読みまくったというだけなので、その点をご了承ください<(_ _)>

1 流水でパワーストーンを浄化する

まず帰宅して外したら、水道水で洗いましょう。

これは「浄化」だけでなく、石に付いた汗なども流す意味もあります。汗には塩分や皮脂が含まれるので、そのまま放置すると石の輝きがくすむ原因となる恐れが…。

(そのように注意していても、ラピスラズリやターコイズは、どうしてもツヤがなくなってきます)

 

帰宅時にはサッと流す程度ですが、時々もっと長い時間、流水に当てることも。

 

また後述する水晶さざれも時々、水で洗っています。

どのくらい流水に当てればいいかは「気が済むまで」でいいでしょう。なんとなく嫌だなと感じる時は長めに。

そして「もう大丈夫」と思ったら、よく水気を拭きとって保管します。

2 水晶さざれに乗せてパワーストーンを浄化する

上の画像のような白いお皿に水晶のさざれ(細かくなった粒)を敷いて、いつもはそこにパワーストーンを置いています。

身に着けていたブレスは、帰宅したら水で洗った後、水分を拭きとり、上の画像のような「さざれのベッド」で休ませます。

朝はここから、「今日はこれ!」と感じたものを着けて出かけます。

 

上述のとおり、この水晶も時々流水で洗いましょう。

 

またクラスターと呼ばれる水晶結晶の上に置くことを勧めている本も多いですね。

 

石との出会いも一期一会です。私はまだ出会っていませんが、ピンとくるクラスターがあったら、購入しましょう。

3 月光でパワーストーンを浄化する

新月から満月の間の月の光に当てるのも良いそうです。外に出さなくても、窓際でOK。

どのくらいの時間当てるかについては、「ひと晩置いて」という本も「10分から1時間くらいでOK」という本もあります。

また「曇っていても月のエネルギーは届いている」という本もありますよ。

 

要は、ここでも「気持ち」です。

 

「月が綺麗だなぁ。よしパワーストーンたちにもこの月の光を浴びさせよう!」とかね。

4 ホワイトセージの煙でパワーストーンを浄化する

煙で浄化する方法は、ホワイトセージというハーブを乾燥させたものに、お香のように火をつけ、立ち上ってきた煙にパワーストーンをくぐらせます。

ホワイトセージはヒーラーやネイティブアメリカン(インディアン)の方々が昔から使っているハーブです。

ただしこのホワイトセージ、結構、においは強いですよ。

部屋が煙い感じにもなりますので、ご注意くださいね。

ホワイトセージを焚くと空間の浄化にもなるそうです。

スポンサーリンク

5 朝の太陽光でパワーストーンを浄化する

午前中の太陽の光を浴びさせて浄化する方法です。

朝の太陽の方がいいみたいというのは、感覚的に理解できますね。

浄化だけでなく、パワーをチャージもできます。

ただしローズクォーツなど、石によっては太陽光線で色褪せてしまったりするので、注意が必要です。

またどの石にしても、長時間は放置しないようにしましょう。

太陽のエネルギーが強い分、10~30分で十分です。

 

また太陽光で浄化する際は集光にもご注意ください。レンズの原理で、一点に太陽光が集中すると火災などの原因になってしまいます。

6 塩でパワーストーンを浄化する

あら塩の上に、パワーストーンを置いて浄化する方法です。

神道でもお塩は欠かせないお供え物ですし、お塩には強烈なパワーとエネルギーがあるのは想像できると思います。

ネガティブなパワーを吸収してしまった場合も、お塩で浄化するとリセットできるとのこと。

お塩を盛ってその上に10分ほど、パワーストーンを置いたら浄化完了。

塩分に弱い石の場合は、紙や天然素材の布を敷いて乗せてもいいそうです。

そして浄化できたと感じたら、しっかり塩分を洗い流しましょう。

7 土でパワーストーンを浄化する

土には強い浄化作用があるのだそうです。ただし清浄な場所の土を選んでください。

私はこれはやったことがありません。都内のマンション住まいでは、正常な場所といっても神社くらいしか思いつきませんし、神社の境内で勝手に土を掘るわけにはいきませんからね。

とはいえ、石はもともと土の中から出てきたものなので、上述のとおり浄化という点では非常に有効とのこと。

環境が整っている方はぜひ試してみてください。

8 観葉植物でパワーストーンを浄化する

パワーストーンは自然からきたものなので、同じ自然界の植物とは相性がよいそうです。

観葉植物の近くに置いてあげるだけでいいとのこと。

9 音でパワーストーンを浄化する

音叉やベル、クリスタルボール、鈴の音で浄化する方法です。チベットで儀式に使われるシンギングボールなどもいいそうです。

「ヒーリングミュージック」でもいいと書いてある本もあります。

音による浄化の良いところは、「適さない石がない」というところ。

音は空気の振動であり、エネルギーの一種ですから、自分が心地よいと思う音楽を聴く時に、そばに置いておくだけでもいいですね。

石の方が人間よりずっと長生き

パワーストーンと呼ばれる天然石は、気が遠くなるほどの時間を経て生まれます。それに比べたら人間の一生なんて、瞬きほどもありません。

ご縁あって、手元に来てくれた石たちを大切にし、「石から見たらほんの一瞬」をともに過ごしてくれていることに感謝して、お手入れしましょう。

タイトルとURLをコピーしました