良い本、見つけた!【多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。】by Jamさん

勇気をくれた本

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」読みました。おすすめです!

誰かの言った一言がエンドレスで頭の中に響き、何日もそのことを考えてしまう。

そんな経験はありませんか。

繰り返し思い出すことで、何度も傷つくのに、思い出さずにいられない。

どうしてもそこから思考を引きはがすことができない・・・。

著者のJamさんは、人間関係で嫌な思いをして、なかなか気持ちを切り替えられずにいた時、友人から、タイトルの言葉を言われたそうです。

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

相手はすっかり自分の言ったことなんて忘れて、美味しいパフェを楽しんでいる。

なんならインスタに上げてたりするかも。

嫌な気持ちを引きずって、今この時も気にしているのは自分だけ…。

恋するように、寝ても覚めても、嫌な相手のことを考える必要はありません。

「恋するように」!

確かに!

忘れる瞬間がないほど、思い続けてしまうのって、恋と同じですね。

自分が思うようには、相手は思っていないって、ポジティブにもネガティブにもありがち。

また私たちが生きる現代は、SNSで簡単に繋がれる時代です。

物理的にも社会的にも、遠く離れた人に言葉を届けられる、それ自体は素晴らしいことですが、あまりに簡単に発信することができるために、顔や名前を明かさずとも、面と向かってなら言わないことを気軽に送信できてしまうツール。

そんな危険をはらんだSNSの他、人間関係、職場、自分のモヤモヤについて、考え方のヒントが64個、書かれています。

それぞれ1ページ目は4コマ漫画。

その後、分かりやすい例えや著者の経験とともに、目から鱗が落ちるような言葉が綴られています。

心に響いたものをここに書きだすことはできませんが、手帳に書き写したものは見開き2ページになりました。

余談ですが、心に響いたフレーズを書き写すのっておすすめですよ。

後から見返すこともできますし、手を使うことでしっかり頭にインプットされます。

人は、人と関わらずに生きていくことはできません。

そして関わりができると、どうしても摩擦やすれ違いも起きてきます。

そんな時、心がすっと軽くなるように、あるいは心を守るために、どう考えればいいか…。

スピーディに物事が進む現代日本で、疲れてしまった心を癒してくれる一冊です。

タイトルとURLをコピーしました