英語ライティング学習には遠田和子先生の本がおススメ!明快で分かりやすい「英語らしい英語」とは

英語教材の本

英語らしい英語を書きたいなら遠田和子先生に学ぼう!

その名も「究極の英語ライティング」

TOEIC SWテスト・ライティングスコア190点(200点満点中:2019年2月受験)の私がおススメする英語ライティングの本です。

以前、翻訳スクールの通信講座を複数受講し、日英英日の翻訳を学びました。

受講したジャンルは主に医学薬学分野だったのですが、それらの学校で英訳の教鞭をとられているのが遠田和子先生です。

私もセミナーで一度、講義を受けたことがあります。元気で溌溂とした明るい先生です。

英文を書く力は生まれながらの才能とは関係のない、誰にでも身につけられる「技術(art)」です。

遠田先生の本には、「英語らしい英語」を書くヒントが詰まっています。

こちらは遠田先生の本の中では2019年4月の時点で最新刊です。

【本書の目標】効率良く情報を伝達するための発想を身につける

遠田先生の英訳指南の本をおススメするもうひとつの理由は、ネイティブの岩渕デボラさんが英文校閲を担当しているからです。

私は英会話でもそうですが、「ネイティブに習う」ことにこだわりがあるので、ネイティブ感覚で保証されているとグッと安心感が高まります。

過去記事:ネイティブ講師にこだわる私の理由-DMM英会話でTOEIC SW対策レッスン(7)

岩渕さんの「英文校閲者のことば」に以下のような一文があります。

ネイティブでも『究極の英語ライティング』に詰まっている知恵の引き出しを開けると、毎回新しいたんすを作り直す必要がないことを実感しました。

簡潔で明快な英文は正しく伝わります。

日本語と英語とではご存じの通り、文の構造も発想もかなり違います。

日本語の構文通りに英語に訳すと、冗長でまわりくどい文章になりがちですが、ネイティブが書く英文に近づくためには「簡潔・的確・明快」であることが大切です。

遠田先生の本は、単なる英語構文や単語の意味の解説だけでなく、「どう考え、どう文を組み立てたら、英語らしくズバリと伝わるか」も教えてくれます。

セミナーでは

「燃費の良い単語」

ということをおっしゃっていました。

つまり、少ない文字数でたくさん働く!

 

私は、こちらの本も購入しました。

日本語の直訳は冗長で回りくどくなりがちです。

英語らしい表現を使って、明快で伝わる英文の組み立て方を、遠田先生の本で学びましょう。

TOEIC S&Wのライティングテストにも役立ちますよ。

アルクGOTCH!で遠田先生の新連載【省エネ英単語】が読めるよ

例えばどんな英単語・英文が「燃費が良い」のか?

具体例をご覧になりたい方は、アルクの英語学習サポートサイトGOTCHA!をご覧ください。

遠田先生は2019年から【省エネ英単語】という連載を書いていらっしゃいます。

こちらの連載を読むと、遠田先生の英訳スピリットがつかめます。

 

GOTCHA!の他の記事も、英語学習に役立つ情報満載でおススメですよ!

タイトルとURLをコピーしました