DMM英会話の「教材レベル」と「英会話時間合計レベル」設定はどうなってんの?ゴールドやプラチナになれるのはいつ?

DMM英会話

【DMM英会話】自分の英語力を数字やステージで見える化する

英語を話せるようになるにはどうしたらいいだろう「練習!練習!練習!」

学校で英語の授業を受けただけで話せるようになるのは、なかなか難しいのが現状。

では話せるようになるにはどんな勉強をしたらいいでしょう。

TOEICや英検などの英語教材に取り組んだり、英会話学校に通ったり、留学したり…。

英語学習に掛けられる予算や時間、現在のレベルによって、学習法は複数、考えられますね。

私自身は、現在、だいたいCEFRでいうとB2~C1レベルにいる英語学習者ですが、そんな私がおすすめするのは

NHKラジオ講座で自習→DMM英会話で毎日レッスン

です。

ちなみにこちら↓が文部科学省による、CEFRと各種英語資格とのレベル対照表です。

例えば「歌を上手に歌いたい!」とか、「上手に速く泳げるようになりたい!」と思った時、テクニック解説の本だけを読んでいても上手には なれませんよね。

実際に自分の体を動かし、声を出してみたり、誰かに指導してもらったり、または水に入って泳いだりして、練習をしないことには上達しません。

英語もそれと同じ。

自分の耳、口、頭を使って実際に会話をしないと使えるようにはならないのです。

日本語と英語では、センテンスを組み立てる時の単語の並び方も、舌や喉、唇などの発声器官の使い方も違います。

それらを身につけるためには、練習、練習、また練習!です。

練習の材料としてNHKの語学講座は非常に優秀かつ有効です。

NHKラジオ講座には幅広いレベルの講座が用意されており、どれも5~15分という短時間で聴講が可能。

13ある講座(2019年度)の中から興味の持てそうなものを、どれかひとつでいいので選んで、学習してみてください。

ある程度続けていると、「実際に会話してみたい!」という気持ちになってくると思います。

好きな曲を何度も聴いているうちに自分でも歌いたくなるのと同じように。

そうなったら、ぜひ実際に英語で話してみましょう。

DMM英会話を始めたい時、どのくらいのレベルならいいのか?

そうは言っても、いきなりDMM英会話などのオンラインレッスンをやって、果たしてついていけるのだろうか、どのレベルの教材を選べばいいのかなど不安や疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

その不安や疑問、当然です。

知らないことを始めるのは怖いもの。

でも、なにごとにも「初めて」があります。

そして人間は、たいていのことには「慣れる」のです。

最初は緊張していても、だんだん慣れていきます。そうやって続けていけばある日必ず、自分でも成果を感じる時がきます。それをまず知っていてください。

レベルについてはDMM英会話のレベル設定のページに、DMM英会話で設定されているレベルの解説があります(以下はキャプチャです)。

TOEIC換算スコアも掲載されているので、それも参考にしつつ「今、自分は英語でどんなことができるのか」を考えながら読んでみてください。

はあ~、それにしても、レベル10はすごいですね!

 10  Proficient

外資系の会社で英語を流暢に使える

(中略)意味の微妙な違いを理解し、その場で自然に流暢にそして的確に自分の考えや意見を表現することができます。

ほんとうに、こんなふうになれるのかしら?(日本語でも時々、カミカミになるというのに…)

いかんいかん。そんなふうに疑うことなく、日々、練習です!ね!

自分にちょうどいいレベル・教材の見つけ方

DMM英会話の教材ページは、会員以外にも公開されていますので、ぜひどんな教材がどんなレベル設定で用意されているか、見てみてください。

テキストに目を通してみて、分からない単語が2割以下くらいのものがおすすめ。

  • 「英語が話せるようになったら、英語で何をしたいか」
  • 「何のために英語を話せるようになりたいか」

を考えながら閲覧してみると、探しやすいと思います。

例:

  • 旅行で英語を使いたい…旅行と文化・Passportなど
  • 外国人と仕事をしたい/海外で働きたい…ビジネス
  • TOEICスピーキングライティングテストで高スコアを取りたい…TOEICスピーキングリアル模試・ディスカッション・Daily News・写真描写

関連記事では、教材の選び方もご紹介していますので、ぜひご参考になさってください。

関連記事:DMM英会話は効果があるのか?答えは「自分次第!」効果を最大化するコツはある!

関連記事:DMM英会話のレッスン教材はDaily Newsが面白い!先生と英語でディスカッションしよう!

DMM英会話はたくさんレッスンを受けるほど上がる「レベル」認定制度がある―英会話時間合計によるレベル設定解説

DMM英会話の1回のレッスンは25分です。

トップページには、今までのレッスン合計時間が表示され、その合計によって色分けされたレベルが表示されます(画像・緑の矢印部分)。

各レベルに到達するための英会話時間合計は以下のように設定されています。()内はステージアップになるレッスン回。

  1. ビギナー   0~225分
  2. ブロンズ     250~725分(10回目)
  3. シルバー       750~2975分(30回目)
  4. ゴールド       3000~5975分(120回目)
  5. プラチナ       6000~9975分(240回目)
  6. クリスタル    10000~19975分(400回目)
  7. マスター       20000~49950分(800回目)
  8. レジェンド    30000分~(1200回目)

上に行くほど、次のレベルに到達するまでに時間がかかることがお分かりいただけると思います。

それにしても「レジェンド」は30000分!つまり1200回のレッスンですね。

毎日休まず続けて約3年3ヶ月半!

ただし水を差すようで申し訳ないのですが、レベル設定は励みにはなるものの、上に行けばそれだけで流暢に話せるようになるわけではありません。

やはり能動的にレッスンに参加してこそ

フリートークでゆるく25分話すより、しっかりエラーを指摘してもらいながら集中して取り組む方が学ぶことが多いのは明らかです。

そして、回を重ねるほど、「ゆるい25分」の人と「しっかり25分」の人との差は大きくなります。

どれだけ英会話力を伸ばせるかは

「毎回レッスンにどう取り組むか」

が、鍵になるでしょう。

 

合計時間については、もう一つ注意点があります。

実は1度、寝坊してしまい(恥)レッスンをすっぽかしたことがありました。

そんな場合でも、しっかり25分がカウントされます。

すなわち1回分のレッスンを消化したことになり、返金やチケット発行ももちろんありません。

極端なことを言えば、予約だけして1度もレッスンをしなくても「マスター」や「レジェンド」になれるわけです(極端すぎるわ!)。

レベル設定はどのくらい取り組んできたかのバロメーターにはなりますが、英会話力の伸びを一番実感できるのは、やはり、レッスン以外の実践で英語を話した時

自分で自分の英語の成長を実感できるれば、励みにも喜びにもなるはず。

その時を楽しみに、長い旅路ではありますが、楽しみながら行きましょう♪

タイトルとURLをコピーしました