カナダ人先生の発音はやはりアメリカ英語と違う!-DMM英会話でTOEIC SW対策(25)

DMM英会話

DMM英会話オンラインレッスン32回目 累計800分

TOEIC SWテストを受験する予定なので、DMM英会話のプラスネイティブプランでSpeakingの練習をしています。

教材は韓国タラグォン社の「TOEICスピーキングテスト リアル模試」

日本では「TOEICスピーキングテスト リアル模試15回 」のタイトルでコスモピアから販売されているようです。

 

スカイプオンラインレッスン26人目の先生

今日は、カナダ人の先生にお願いしました。

やっぱりアメリカの先生とは少し発音が違いますね。特に母音の発音の仕方が違うように感じます。

ゆっくりはっきり発音してくださって、プロフェッショナルな英語教師という感じ。発音もしっかり教えてくださいました。でも見た目はふんわり大らかな印象。親近感を持てる先生で、よく笑う方だったので、つられて私もたくさん笑いました。

練習問題の『新しい製品の情報は、いつもどこで見つけますか』という、15秒で答える質問に、

「いつもインターネットで見つけます」

と答えておしまいにすると、一瞬きょとんとし目を丸くして

「まだ8秒も残っているわよ」

と笑われました。

「ええ、テレビはほとんど見ないし、雑誌もあまり読みませんから」

と言うと

「それを言えばいいのよ」

と。確かに!

suggestの発音

ところで先日、NHKの『遠山顕の英会話楽習』を聴いていた時のこと。

suggestという単語には発音が2種類ありますね」

と遠山先生がおっしゃったので、

「え?そうなの?」

とちょっと(2度見ならぬ)2度聞きしました(アプリで聞いています)。

カタカナにすると「サグジェスト」と「サジェスト」のような違いですが、私はこの単語、ずっと「サジェスト」だと思っていたのです。

アメリカ人の友人に訊くと

「あれ、そう?僕はサグジェストって発音するよ。サジェストって言うかなぁ」

と言い、今日の先生も「サグジェスト」に近い発音でした。

「2通りあるんですよね?」

と訊くと、ちょっと考えてから

「ああ、サグジェストとサジェスト?出身地によるのね。でもどっちでもいいわよ

 

「UKはどちらですか?」

「UK?えーっと。・・・UKのことは分からないわ。あはははは」

(webで調べてみるとアメリカ人は「サグジェスト」と発音する人の方が多いそうで、イギリスでは「サジェスト」のような発音記号になっていました)

途中で、回線が少し途切れたりもしましたが、全体的に笑いの多い楽しいレッスンでした。

レッスンノートも多めに書いてくださって感謝です。

正直、毎日続けるのはしんどいっす!でも、確実に意味はあります

さてこれまで受けたレッスンは32回となりましたが、毎日続けるのってやっぱり簡単なことではありません。

「1日25分だけ確保すればいい」わけではないからです。私の場合は、ですが。

例えば、予約するのにも、私は時間がかかってしまいます。

取りたい先生のレッスンがいつも自分の都合の良い時間に空いているわけではありませんし、予約の際に、教材を選んだり、先生への要望・メッセージを英語で書いたりするのにも、まだいちいち時間がかかります(先生へのメッセージは何も書かなくても予約はできます、念のため)。

録画で復習もしますし、レッスンノートをしっかり書いてくださる先生の場合はそちらでも復習をします。

また、私の場合はこうして記事にもしたりで、なにかと時間を割くことになります(というわけで、あと1週間くらいしたら、このシリーズ?の記事は不定期にしようかと思っています)

でも、英語がわかるようになりたいんですよね、もっと。

そして、もっと自由に英語でコミュニケーションを取れるようになりたいとも思っています。

そのためには練習がやっぱり必要です。

もともと日本語でもおしゃべりは苦手な方です。

滑舌も良くないですし、耳も悪いし。

だけど、違う国で生まれ育った人間同士が、話をして笑い合えるって、それだけで素敵なことだと思います。

今日も、初めて話した先生と笑ってレッスンを終えた後、少し元気になりました。

てなわけで、さっ、また明日も頑張りますよ。

では!

タイトルとURLをコピーしました