累計250分を超えブロンズステージになりました-DMM英会話でTOEIC SW対策レッスン(9)

DMM英会話

DMM英会話 「ブロンズ」ステージ到達

今月、DMM英会話のプラスネイティブプランでレッスンを受け始めて、今のところ順調に毎日1レッスンを続けております。

トライアルを含めると合計時間275分となりました。

「ビジター」と表示されていたステージがいつの間にか「ブロンズ」に変わり、「レベルアップまであと475分」と出ています。

1回25分ということはあと19日。

さすが、なかなか絶妙なところに、レベルアップポイントが置かれていますね。

1ヶ月、毎日レッスンを受ければ達成できる範囲で、その後、さらなるステージアップを目指して続けるモチベーションともなるわけです。

DMM英会話レッスン(トライアルを含め)10日目

今日は、20代後半男性アメリカ人の先生にお願いしました。

DMM英会話で使用している教材は「TOEICスピーキングテスト リアル模試」

日本版はこちら。

とてもカジュアルで、なんだか甥っ子と話しているような(甥はおりませんが)雰囲気で会話が進みました。

写真描写の問題は、

『ランジェリー売り場に、黒いレースの下着とガウンを着たマネキンが立っていて、そのそばに3~4歳くらいの男の子が立っていて、商品に手を伸ばしている』

という、意味がよくわからない(笑)シチュエーション。これを描写していきます。

制限時間でトライした後、質問。

私「Lingerieという単語は、女性用にしか使わないわよね?」

先生「そうだね」

私「じゃあ、あなたはLingerieは持ってない?」

先生「ないね(笑)」

私「マネキンはmannequinでいいの?」

先生「Yes」

私「このマネキンは女性に見えるけど、こういうとき”She is wearing~”と言うべき?それとも”It is wearing~”?」

先生「SheでもItでもいいと思う。It’s no big deal(それはたいした問題じゃないよ)」

(ちなみに解答例ではSheとなっていました)

うろ覚えだったり、知識としては知っている程度のことや、「この外来語はそのまま英語としても通じるのだろうか」とあいまいに感じる表現も、レッスンの中に登場してくると、少しずつ自分のものになっていきます。

例えると、自分の中にある『英語』というデータベースの隅の方に保存されてはいたけれど、実体として確認されてはいなかったデータを、ひとつひとついったん取り出し、確認し、もっと確かな場所に納め直すような感覚でしょうか。

そして、先生が話す一言ずつが、自然な生きた英語として、自分の中に蓄積していく感覚もあります。

例えば、今日のレッスンでいうと、上に出てきた

It’s no big deal/It’s not a big deal.

It depends.

です。

とても短い文章ですが、It depends.は「それは時と場合による」というような文脈で使われます。

先生の口から出た時に、「ああ、こういうふうに使うのか」と腹落ちする感覚があります。

TOEIC Speakingの問題は、30秒間、黙読などして準備し、30秒とか45秒で答えるという流れのものが多く、私が準備している間、先生はあまりやることがなくなってしまいます。

今までの先生は、じっと時計を見ていたりすることが多かったのですが、今日の先生は、爪を噛むというか、ささくれを歯で剥くような仕草をしていて、指先が気になっている様子でした。

最後のまとめの時に、「何か質問はある?」と尋ねられ

「特にないんだけど、指をどうかしたの?」

と訊いてみました。

先生「あはは、悪い癖だってわかってるんだけどね」

私「ああ、癖なのね。別に指に問題があるわけではなく?」

先生「うん。何かに夢中になっている時とか、退屈な時にやってしまうんだ」

私「さっきは退屈だったの?」

先生「いやいや、違うよ(とちょっと真剣な顔)」

私「お母さんは何か言わない?ほら、私もお母さんだから。何か言いたくなると思う」

先生「よく言われるけど、治らないんだよね」

私「なるほど。でも、それはレッスン中はやめた方がいいと思う」

先生「Oh!(と胸に手を当て、ちょっと上を見て)そんなこと初めて言われたよ」

私「うん、たぶん、日本人の生徒はそんなこと、あまり言わないと思うけど、さっき、問題を読みながら『あれ?先生、何してるんだろう?』って気になっちゃったから。生徒が集中できなくなっちゃうから、レッスン中にはやらないことをお勧めします」

先生「わかった。これからは気を付ける」

まるで甥っ子と叔母です。

でも、こういうタイプの先生も面白いなと思います。

テンポ良く、最後まで課題も消化でき、今日のレッスンもいい感じでした。

明日も頑張りますよ。

では!

タイトルとURLをコピーしました