DMM英会話・新システムEikaiwa Live Beta版のレッスンはBANDICAMで録画して復習しよう!

DMM英会話

オンライン英会話、DMM英会話のレッスン・新システムEikaiwa Live Beta版をBANDICAMで録画する方法

録画ソフトBANDICAMバンディカムを使う―無料版でOK

DMM英会話のレッスンは、Skype(スカイプ)を使用しないEikaiwa Live Beta版への移行しました。

新システムには録画機能がないため、録画で復習ができない状態になっていましたが、録画ソフトを使用することで、録画し復習することができるようになりました!

私が使っているのはBandicam[バンディカム]です。

もちろん他の録画ソフトでもOK。

検索してみた時に、たまたま評判が良かったので、これにしました。

「○○録画ソフトの方がいいじゃん」というご意見もあるかもしれませんが、とりあえず「録画して復習」という目的は達成できているので今のところ満足です。

他の物を試して使い方を調べて覚えて・・・という時間と労力は、カットしたいので、しばらくこれを使ってみようと思います。



ここからは私の使い方です。

まだ使い始めて間もないので、改善点やもっといい方法があるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

ダウンロードするとこんな↓感じでデスクトップに現れます。

 

「指定した領域」を選択すると、下のような枠が出てきます。

この枠をドラッグして、DMM英会話のレッスン画面で、先生の画像が出る場所に合わせます

枠のサイズも適宜調整しましょう。

※注意※ 録画中にこの枠の大きさを変えると、Bandicutを使って編集する際に、うまくつながらなくなるのでご注意ください。

 

レッスンが始まったら、枠内右上のREC」をクリックすると録画が始まります。

※念のため「録画してもいいですか?(May I record the lesson?/If you don’t mind, I’d like to record the lesson.など)」と先生に確認しましょう。

今のところ全ての先生が「Sure! Go ahead!」「Of course!」と了解してくださっています。過去記事をご覧ください。

※2019年7月23日追記:今日の先生は、録画していいかと聞くと、ちょっと不機嫌になって「どうして録画したいの?Post(インターネットに投稿)するつもり?」と今までの先生と違う反応でした(なんだか怖かったよー。ビビった~^^;)。

ほとんどの先生は「何回も繰り返し聴いて、復習してね!」とポジティブな反応ですが、中にはこういう方もいらっしゃるので、やはり録画していいか確認した方がよさそうです(逆に「毎回、確認しなくてもいいんだよ」とおっしゃる先生もいます)。

 

ここで問題がひとつあります。無料版だと録画できる最長時間が10分なので、25分のレッスンの間に2回止まってしまいます。

ファイルも3つに分かれてしまうのでちょっとこれが面倒と言えば面倒。

しかしこれも、動画編集ソフトBANDICUTバンディカットを使えば、細切れになったビデオを1本にまとめることが出来ます。

無劣化動画カット&結合も動画変換もできる動画編集ソフトBandicut
3つに分かれてしまったものを繋げても、継ぎ目がぱっと見ではわからないくらいスムーズに繋がります。


最初に使ってみた時、先生の声しか録音されていなかったので、調べてみると、音声の設定については、こちら↓に詳しく解説されていました。

参考:https://www.bandicam.jp/faqs/no_sound_recorded_video_stereo_mix_problem/

オンライン英会話においても復習は大事!

語学学習全般に言えることですが、復習、見直しは重要です。

私の場合、レッスン中に聴き取れなくても、録画を見直すとよくわかることが多いので、見直しができると、1レッスンから得るものがさらに大きくなります。

また、自分の英語を客観的に聴くことも必要だと考えています。

詳しくは過去記事をご覧いただけると幸いです。

関連記事:Skypeスカイプ録画で復習-DMM英会話でTOEIC SW対策レッスン(12)

関連記事:スカイプ録画を忘れ復習の大切さを実感-DMM英会話でTOEIC SW対策(14)

「話せる英語」を身につけたいなら、練習するのみ!

Practice, practice, practice!です。

タイトルとURLをコピーしました