オンライン英会話-ネイティブ講師ならEF English LiveかDMM英会話の二択!

英会話スクール

ネイティブ講師にこだわるならEF English LiveかDMM英会話

本記事では

  • ネイティブ講師のレッスンを
  • リーズナブルな料金で受講できる
  • オンライン英会話スクール

という条件のもと、お勧めできる英会話スクールという趣旨で書いております。

つまり以下は除外しています。

  • 非ネイティブ講師
  • 授業料が高額(目安として1レッスン1000円以上)
  • 教室に集まって授業をする英会話学校

 

またここでネイティブというのは、以下の国出身の先生を指しています。

  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ニュージーランド
  • 南アフリカ共和国

フィリピンも英語が公用語となっていますが、私の狭い経験からで申し訳ないのですが、フィリピン人の英語講師の方とお話をした時、やはり私の思う「ネイティブ」とは違うなと感じてしまいました。

また私自身がアメリカ英語を目標としているので、ある意味、漠然とした「ネイティブ講師」という言葉より

「アメリカ人講師」

といった方がいいかもしれません

過去記事:ネイティブ講師にこだわる私の理由-DMM英会話でTOEIC SW対策レッスン(7)

なぜ英会話を「ネイティブ・低価格・オンライン」で選ぶか?

非ネイティブ講師を勧める意見には、「英語を学習して身につけた先生なら勉強する大変さを理解してくれる」というものがあります。

もちろん英語を母語としなくても素晴らしい先生がいることも否定しません。

しかし私自身は、ネイティブの持つ「言葉の感覚」を学びたいので、あえてネイティブ講師にこだわっています。

もちろんネイティブなら誰でもいいわけではなく、ある程度「英語を教えるプロ」としての教育を受けている、または経験のある先生のレッスンが希望です。

その点、特にEF English Liveの講師陣は、全員、英語教授の訓練を受けている方々だと聞いています。

授業料については、もし毎月数万円以上を用意できるのであれば、オンラインではなく、ぜひマンツーマンでレッスンが受けられるスクールを選択してください。

残念ながら私の場合は、そこまで英語学習に毎月費用を掛けられる状態にないので、学習を継続するために、なるべくリーズナブルな価格のスクールを選択しています。

レッスン形態についても、おそらくオンラインより、同じ空間でレッスンを受ける方が、同じ時間なら得るものは多いでしょう。

その場で面と向かっての会話の方が情報量が多いのは当然ですね。

しかし通うのにも時間と交通費が掛かってしまいます。

以上のような理由から、私が英会話スクールを選ぶ際の条件は以下のとおりです。

  • ネイティブ講師
  • 費用負担が比較的軽い
  • オンライン
スポンサーリンク

結論:「EF English Live」か「DMM英会話」の二択

具体的にはEF English LiveとDMM英会話の2校となります。



EF English Liveについて
ネイティブと24h英会話
世界最大級のオンライン英会話
1週間無料体験キャンペーン実施中


EF English Liveは日本では若干マイナーなので、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実は、世界中に先生と生徒がいるグローバルな英会話学校です。

  • グローバルな雰囲気のグループレッスン45分を月30回受けられる
  • プライベートレッスン(20分)を月8回受けられる
  • 自己学習教材が豊富
  • 自分に合ったレベルをテストで見極めてから始められる
  • レベルが上がるにつれて、臨機応変に対応できるアウトプットが鍛えられる

以下のマイナスポイントを除けば、かなりコスパの良いスクールです。

  • プライベートレッスンの予約が取りにくいこと
  • グループレッスンに度胸がいる(?)こと
  • ビデオを使ってくれない先生がいる

詳しくは過去記事をご参照ください。

過去記事:EF English LiveとDMM英会話の比較‐おすすめオンライン英会話スクール

過去記事:映画を字幕なしで見たい方におススメ-EF English Liveのショートフィルムはハリウッド製作!

 

DMM英会話について

DMM英会話|世界とつながるオンライン英会話

DMM英会話については、本日2019年5月29日時点で、私もプラスネイティブプランを受講しています。

非ネイティブ講師のコースが毎月5980円(税込)に比べ、プラスネイティブプランは15800円(税込)と3倍近い受講料になっていますが、それでも他のネイティブ講師のスクールよりは1レッスンあたりの料金は破格にお安くなっています。

  • 15分前まで予約が取れ、30分前までキャンセルができる
  • 教材が豊富
  • 全体的に、先生たちのお人柄がいい
  • 先生のプロフィール等を見て選べる

DMM英会話でのレッスンについては、本ブログ内に関連記事が多数ございますのでご覧いただければ、嬉しく思います。

他の学校を選ばなかった理由

英会話を習おうと思った時に、私自身も複数の英会話スクールでレッスンを受けたり、HPを拝見したりして調べました。

しかし、以下の点が気になって、上記2校以外では継続して学習するに至りませんでした。

  1. 「ネイティブ」となっているのに実はネイティブではない
  2. 学費が高い

ここでスクール名を挙げることは控えますが、ネイティブ講師となっていても実際はそうでない場合があります。

あるスクールでアメリカ人講師として登録されていた方が、別のスクールのプロフィールでは東欧の国出身(ファーストネームも別名)となっていました。

非常に優秀な先生で、もちろん英語も大変滑らかでしたが、そのスクールでは「ネイティブ並みに英語が話せる」という意味で「ネイティブ」となっているのかもしれません。

また英作文を添削してくれるスクールの体験レッスンも受けてみたことがありますが、その時は、添削内容が腑に落ちませんでした。

添削してくれた先生とスカイプレッスンをしてくれた先生は違う方だったので、修正された箇所について、私が書きたかった内容をスカイプレッスン中に説明すると「元の文で正しい」との返事を頂きました(当方、TOEICライティングテスト190/200点を取っていますので、そこそこ英作文力はあると思います)

そのスクールでは、アメリカ人講師のレッスン予約が少し取りにくかったことなどもネックになり、受講を見送りました。

受講料に関していえば、EF English LiveとDMM英会話以外で、アメリカ人講師のレッスンを受けられるスクールは、当然のごとく受講料が高くなります。

アメリカは物価の高い国ですから、そこに住む、あるいは出身の先生に対しての報酬を考えれば、授業料が高くなるのは当然ですね。

EF English Liveはグローバル展開であること、DMM英会話はプラスネイティブプランの設定があることからかろうじて、あの価格が実現しているのではないかと考えています。

またどちらのスクールの先生も、東南アジアなど比較的物価の低い国に住んでいる方が多くいらっしゃいます。

まとめ

アメリカ人講師オンラインレッスンを比較的安い料金で受講するなら、断然!

のどちらかがおすすめです。

どちらも体験レッスンを受けられますので、まずはお試しレッスンを受けてから決めましょう!

\ネイティブ講師のオンライン英会話ならEF English LiveかDMM英会話/



/まずはお試しの体験レッスンを受けてみましょう!\

タイトルとURLをコピーしました