DMM英会話のレッスンは「予習」と「録画して復習」で差別化できるかも?150回以上レッスンを受けた感想

DMM英会話

【継続が力】DMM英会話レッスン150回受けました!コツコツ続けます

2019年1月に始めて英会話時間合計3800分になりました!

2019年1月にDMM英会話の受講料半額キャンペーンだったのを機会にレッスンを受け始め、途中で何度かお休みし、現在の「英会話時間合計」は3800分です。

受けたレッスンは約150回。58人の先生のレッスンを受けてきました。

ちなみに私はプラスネイティブプランを選択しているので、大半のレッスンがアメリカ人の先生です。

受講開始した頃はまだDMM英会話でもSkype(スカイプ)を使っていましたが、その頃のレッスン前の緊張といったら!

呼び出し音が鳴るまでドキドキ。震えそうなくらいでした。呼び出し音が鳴ると飛び上がったりね(^^;。

(現在、DMM英会話ではSkypeを使わず、独自のシステム『Eikaiwa Live Beta版』を使用しています)

 

でも150回以上のレッスンを受けた今では、初めての先生でもわりと余裕~(笑)。

人間は慣れる生き物ですね。

今日は、そんなふうにいい感じに慣れてきた私から

  • 「これからDMM英会話をやろうかなー」
  • 「なかなか効果が出ないなぁ」

という方へ、「こんなこと、試してみたらどうかな?」というご提案を書いてみようかと思います。

 

 

関連記事:DMM英会話プラスネイティブプランでアメリカ人講師のレッスンを受けるメリット3つ!

DMM英会話レッスンは録画して復習がおすすめ!1レッスンを最大限に利用

基本的に私は録画して復習をしているので、レッスンの最初に

「録画してもいいですか?」

と聞いています。

たいていの先生が

「Sure! Of course!」

「Go ahead!」

「No problem!」

と快諾してくださいます。

(過去、おひとりだけ真顔で「なぜ録画したいの?ネットに投稿するつもり?」と聞いた先生がいらっしゃいました^^;その方以外は皆さん上記のようなお返事でした)

むしろ

「どんどん復習してね!」

「何度も繰り返して聴くといいよ」

「いいね!録画して復習しようなんて熱心な生徒はめったにいないよ」

と褒められたりもします。

録画して復習、超おすすめ!です。

関連記事:DMM英会話新システムEikaiwa Live Beta版はBANDICAMで録画して復習しよう!

関連記事:オンライン英会話の録画復習で気付く見落とし(聞き落とし)-DMM英会話でTOEIC S&W 対策(26)

関連記事:レッスンの録画を忘れ復習の大切さを実感-DMM英会話でTOEIC SW対策(14)

レッスン教材は自分で選んで予習!フリートークはしない派です

レッスン予約の画面では

  • フリートーク
  • オリジナル教材
  • 出版社教材

が選べますが、私が選ぶのはだいたいDaily News

(TOEIC S&W対策をしていた時は、出版社教材の『TOEICスピーキングリアル模試』を選んでいました)

どの記事を学習するかも自分で決めます。

フリートークは、「なんとな~く」でレッスンが終わってしまいそうなので、選択したことがありません。とはいえ、おしゃべり好きの先生で、結局ほとんどフリートークでレッスンが終わってしまった…という経験はあり。他校のオンラインレッスンも受けましたが、フリートークに流れるのはアメリカ人男性の先生に多い傾向のように感じます)

Daily Newsではディスカッションがレッスンの肝となりますが、興味が持てないと意見を言うのも難しいですよね、日本語でも。なので、私は自分が「面白そう」と思える記事をピックアップしています。

職業柄(というほどでもありませんが)CategoryはHealthから選ぶことが多いです。

自分の専門分野や興味に添って記事を選ぶのは、語彙を増やすのにも有効

興味を持って読んだものは頭に残りやすいですからね。

先生に教材を選んでもらって、「どこから来る球も打ち返せるようになる!」というのはもう少し上級になってから。

まずは興味が持てる話題を選んで「自分の意見を自分で言う練習」が必要です。

しかしそうすると、レッスン前に記事を選ぶ時間が必要になります。

最低1回は音読するなど予習もしているので、レッスン自体は25分ですが、トータルで少なくとも35~60分が1日の学習時間。

先生方の話を聞いていると、予習をする生徒はどうもあまりいないようですよ。

You are one of the most prepared students I have had.

と褒められたりしますから。

でもそのくらい能動的に取り組むと、まだ150回のレッスン履歴ですが、最初に比べてだいぶ頭の中でセンテンスを組み立てることができるようになってきたように思います。

話している途中で自分で文法ミスに気付き、言い直すこともありますが先生によると

「自分で間違いに気付いて直せるというのは、重要!」

とのこと。

アメリカ人の先生はポジティブで褒め上手な方が多いので、褒めてもらえて承認欲求も満たされ(笑)かなりやる気が出ますよ。

ぜひレッスンには予習してから臨んでみてください。

関連記事:DMMオンライン英会話レッスンを最大限に活かす6つの秘訣

関連記事:DMM英会話は効果があるのか?答えは「自分次第!」効果を最大化するコツはある!

DMM英会話キャラクター、「オーエン」のスタンプがあった♪

今日の先生はアメリカ人の明るい女性の先生で、チャットボックスにスタンプを押してくれました。

 

「こんなの、あったのね!」とびっくり!(というかこのキャラクターのフクロウさんの名前も忘れかけていました。ごめんなさい^^;)

新システムになってからもう何ヶ月も経っているのに、チャットボックスにスタンプがあることを今日初めて知りました。

レッスン画面に入って、チャットボックス「メッセージを入力」の右にある「オーエン」をクリックすると出てきます。

語学はコツコツと続ける必要がありますが、楽しくなければ続きません。

こういうちょっとした「ほっこり」があると嬉しいですね。

次のレベル「プラチナ」までは2200分、毎日やっても3ヶ月弱かかります。まだまだですね~。

そんな私の経験が、あなたのこれからのレッスンに、少しでもヒントになれば嬉しく思います。

タイトルとURLをコピーしました